« 毎年恒例父の日母の日記念旅行① | トップページ | 出羽神社(三神合祭殿)③ »

2015年5月12日 (火)

羽黒山へ…②

32アサイチの飛行機

6時50分発で庄内空港へ。7時50分着

8時過ぎレンタカーを借りて


33月山がぼんやり見える。

34

まずは今回の目的の羽黒山へ。

大鳥居

実は前の日に、午前中図書館と午後から歯医者という私にしては忙しく用事をしていたら途中で足首をねん挫した。 

大したことないと思っていたら、夕方またぎくっとなり、それからは安静、冷やしてサポータ付けて。 

みんなが階段なんか危ないでしょ、温泉もだめでしょ、お酒も…などと脅かすのを跳ね除けつつ…内心は心配したが、行けるところまでと、帰りのことも考えつつ杖をついてゆっくりと羽黒山の石段を行く。

3536随身門を入る。

その向こうの緑が美しい。37


「随神門を入ると出羽三山の神域とされ、江戸時代以前は仁王像、明治時代以降は随神が門を護り、穢れや邪悪が神域に入るのを防ぐとされています。出羽三山神社が神仏習合していた時代の建物として大変貴重なものといえる。」 ふむ

39


40


38


石段が続き、帰りが心配になり、あの赤い橋でやめようと決め、降りていく。

そこにいたガイドさんに、五重塔まであとどれくらいですか?と聞くと

「100メートル」と言われた。ほっ!

「昨日捻挫しちゃって…」「あらら、気をつけて行ってください」

そこからはすぐ、だった。

良かった。

41


まず「爺杉」が見え、

その奥に、五重塔が見えた。

爺杉は「羽黒山の爺スギ」とも呼ばれ、出羽三山神社の参道沿いの五重塔手前にあり古くから出羽三山の名所の1つとして知られていました。 

推定樹齢1千年、根元周囲11m、樹高48.3m、目通り周囲8.3m、秋田スギ系、羽黒山最大の老木で、明治時代までは同じような杉があり「婆杉」と呼ばれていましたが明治35年(1902)台風により倒壊し、残された杉は三日三晩泣き続けたと伝えられています。元々、どちらが「爺杉」でどちらが「婆杉」か決めていなかったとされ、見る人が感じられるままに呼ばれていましたが、文化財指定するにあたり名称が求められ協議の結果「親杉」に決定しました。ただし、何らかの意図があり「羽黒山の爺スギ」に差し替えられたそうです。「羽黒山の爺スギ」は昭和26年(1951)に国指定天然記念物に指定されています。」

参道(羽黒山杉並木): 参道(杉並木)出羽三山神社の参道脇に広がる杉並木は江戸時代初期、羽黒山中興の祖と言われた天宥法印(第50代羽黒山別当、天海僧正に師事、新島配流)が植林したものです。天宥は参道の整備にも力を入れ石灯籠の設置や須賀の滝の造園なども行なっています。植林した杉は樹齢が300年以上で、幹径が1mを越えるものは184本、総数では445本あるとされ、随神門から出羽三山神社三神合祭殿に至るスギ並木は指定理由「山麓の随神門から山頂に至る延長17粁にわたる羽黒山参道のスギ並木は、樹齢3百年以上経た巨杉がならび、その樹勢が極めて旺盛である。」との事から昭和30年(1955)に国指定特別天然記念物に指定されています。石段は2446段。」

4342_2その奥に、杉林の中に堂々と「五重の塔

6768


「羽黒山五重塔
の創建は承平年間(931~38)に平将門が建立したと伝えられています。現在の五重塔は応安5年(1372)に当時の羽黒山別当職大宝寺政氏(大宝寺家12代当主、庄内地方の武将、土佐林家から羽黒山別当職を譲り受けた。)が再建し、慶長13年(1608)に最上義光(最上家11代当主、山形藩初代藩主)が改修したもので、塔高:24m、桁行3間、梁間3間、5層、宝形屋根、こけら葺、素木造、純和様で東北地方最古の塔建築で最も美しい層塔とされます。

明治初頭に発令された神仏分離令とその後吹き荒れた廃仏毀釈運動の中、出羽三山神社境内にある仏教色の強い多くの建物が破棄され、五重塔も本来、他の寺院に移転が決定していましたが、寺院側の金銭的都合がつかず結果的に移転、破却は免れ形式上は出羽三山神社の末社(千憑社)という扱いで内部の須弥壇には大国主命が勧請されました。羽黒山五重塔は数少ない室町時代初期の層塔建築の遺構として大変貴重な存在で昭和41年(1966)に国宝に指定されています。

44_2羽黒山五重塔法隆寺五重塔(奈良県生駒郡斑鳩町), 瑠璃光寺五重塔(山口県山口市香山町)と共に日本三大五重塔に数えられています。

45いろいろの変遷の中、ここまで無事に存在しているもののありがたさを思う。

50


49


4851

当然ながら、予定通り、ここから引き返して

車で山頂まで行く。

新緑が美しかった。

(③へ

|

« 毎年恒例父の日母の日記念旅行① | トップページ | 出羽神社(三神合祭殿)③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

捻挫の具合はいかがですか?

後が大事です
ちゃんと治してくださいね。

投稿: ちこ | 2015年5月13日 (水) 06時44分

こんにちは
ちこさん
ありがとうございます。
ためしてガッテンでも
歳を取ってから、悪くなるとか言っていました。
遊びに行っていた時は痛くなかったのだけど、
もう少し静かにしていた方がいいかな。
私は体重減らさないと…
ちこさんに、あげたい・・・

投稿: いち | 2015年5月15日 (金) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎年恒例父の日母の日記念旅行① | トップページ | 出羽神社(三神合祭殿)③ »