« 行ってきました。奈良吉野そして京都へ…① | トップページ | 吉野へ…行く前のもやもやと③ »

2015年4月 8日 (水)

奈良へ…東大寺…②

9ゆっくりめの新幹線で京都へ。
そこからJR奈良線で奈良へ。
久しぶりの奈良です。まずはホテルへ、チェックイン。

101112南都銀行本店((大正15年築、国の登録有形文化財)13


遅い昼食を食べます。

「牡蠣海老とんかつ定食」のようなもの。
せっかくのダイエットも、元も子もありませんが、旅に出たら好きなものを・・・
ということです。はい。
お腹いっぱいになって、バスで東大寺へ向かいます。

あらま、ぽつぽつ雨が降ってきました。(そういう天気予報でしたから、ね。)

141516奈良の鹿と桜

18

東大寺あたりは、さすが奈良のメイン観光地。

たくさんの観光客がいます。外国人もいっぱい。

父と母と4人で来たのが最後ですから

もう15年ぐらい前でしょうか。

 

23←回廊

雨がちょっと降ってきましたが、

南大門で雨宿りしようという人を、「どうせなら中に入ってから、雨宿りしようよ、」と

旅に出ると頑張る私であります。

とりあえず

キップを買って中に入ります。

雨も小やみになったころ、大仏様のところへ。

様々な言葉が入り混じるなか、我々も進みます。

相変わらず

大きくて、立派で、すてきでした。

    *

17東大寺は、ご存知、聖武天皇が国力を尽くして建立した、当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心となる「総国分寺」と位置付けられた寺です。

国宝「南大門」…屋根裏まで達する大円柱18本は、21mにも及び、門の高さは基壇上25.46mもあるという。

大仏殿にふさわしいわが国最大の山門である。

252426重文「中門」

国宝「金堂」(大仏殿)

当初の大仏及び大仏殿は、聖武天皇の発願により、8世紀に造られたもの。

その後2度の兵火で焼け落ち、現存する大仏殿は江戸時代の再建。大仏は台座と袖、脚などの一部に当初部分を残すのみで、体部の大部分は中世の作、頭部は江戸時代の作である。

国宝「銅造盧舎那仏坐像」(大仏)

帰りはホテルまで歩いて帰ります。

29興福寺を経て…

近鉄駅に明日の

吉野山・蔵王堂特別拝観券付割引きっぷ」を買いに行きます。
30
32花びらで道の色が変わっています。

31今だけの道です。

興福寺は

見学時間が終わっていましたので、

五重塔を外から見て。

(③へ続く)

|

« 行ってきました。奈良吉野そして京都へ…① | トップページ | 吉野へ…行く前のもやもやと③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行ってきました。奈良吉野そして京都へ…① | トップページ | 吉野へ…行く前のもやもやと③ »