« 「かがやき」に乗って | トップページ | みどりの日に »

2015年4月27日 (月)

『大絵画展』望月諒子

初めてお会いする作家さんです。

コンゲームもの、とあった。

コンゲームとは、

「con game (confidence gameの略)信用詐欺。取り込み詐欺師。相手を信用させて詐欺をはたらくこと。また、策略により騙したり騙されたり、ゲームのように二転三転するストーリーのミステリーのジャンル

ジェフリー・アーチャー「百万ドルを取り返せ!」が一番とか。

「カジノを罠にかけろ」、「キング・オブ・スティング」と合わせて(《コンゲーム》三部作というらしい。)

どれも読んだことないような気がする。今度読んでみよう。

 道尾秀介「カラスの親指」もいいらしい。

映画では「スティング」

ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードですね。何回見たことでしょう。

    *

なぁるほど。

思わず自分もその仲間になっていきそうな…そういう流れの話です。

途中少しだらけたり、飛ばしたくなったりするところもありましたが、総じて面白かった。

ゴッホの「医師ガシェの肖像」が恋い焦がれられる主人公なのかも。

(2011/2/19) 28

内容(「BOOK」データベースより)

ゴッホ作「医師ガシェの肖像」を巡り、絵画を愛するものたちが仕掛けた、痛快でスリリングな史上最大の罠!第14回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

|

« 「かがやき」に乗って | トップページ | みどりの日に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「かがやき」に乗って | トップページ | みどりの日に »