« 吉野の・・・ | トップページ | 『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学 »

2015年4月24日 (金)

たまげた!

今日も少し風は強いですが、心地よい天気です。

    *

「たまげた!」などという少々乱暴な言葉は

私は使ったことはありません。

でも、

実際「たまげた」のであります。

    *

読書をすると

その中で,

自分ではできないような様々な経験したり、

物事を知ることがあります。

それはそれで楽しいし、

知っている世界のことなら

親近感があり、それも楽しい。

今読んでいる本、またも「万城目」さんの、時代ものなのですが、

まさに、はぁ~びっくり

    *

そこに「儂も魂消たわい」という言葉が出てきたのであります。

前後の流れと送り仮名から、なんとなく読めたものの、自信が無く

調べてみたり…

    *

「たまげた」は知ってはいたが、それが「魂消た」と書くとは、

知らなんだ。

時代小説はほとんど読まない私には初耳の文字だった。

    *

そして

そういう漢字を使い、そのような意味になる、

それがとても面白いと思ったのです。日本語の力を感じたのです。

「魂が消えるほどの思い」ということで、「非常に驚く」「肝をつぶす」ということ。」

それで「たまげた」

江戸時代から使われているという。

    *

他に「たまぎる」(魂切る)という語もあり、こちらは「怯える」の意味で、鎌倉時代から用いられていて、それが室町時代に「驚く」の意味に転じて用いられるようになり、同じ意味になったということだ。

だから、本来語源は異なるともあった。

   *

「粧す」は?…「めかす」

盥…たらい

|

« 吉野の・・・ | トップページ | 『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野の・・・ | トップページ | 『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学 »