« 吉野へ…行く前のもやもやと③ | トップページ | 花矢倉…吉野一の展望台…⑤ »

2015年4月10日 (金)

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)へ…④

昨日は早く帰ってきてくれたので、母のところにお土産などを持って行ってきた。 

ちょっとだけしている私の仕事が新年度のため多くて、なかなかブログが進まない。 

終わったので、今日は写真の整理に専念しよう。

     *

タクシーを頼むとき、どこまで行くか考えたが、そこから降りてくる自分の能力を考え(いくら下りとはいっても・・)

吉野水分神社まででお願いした。神経痛(?)持ちには、結果的に、ちょうどよかったと思う。

35_2山の裏側の杉山を走り、

突然止まったその前に吉野水分神社はあった。

降りて見上げると、目の前に階段。

「まだ閉まっていますよ。」

8時半開門で今は7時半。予定より早い。

駐車している車から、男性が声をかけてきた。

    *

そして、「すぐ先にきれいな見晴らし台がある、」とも教えてくれたので先に見に行った。

それはきれいな景色が見えた。「花矢倉」という。これは後程。

それはそれはきれい、本当に感動的であった。

    *

41帰ってきたら、門が開いていた。

待っている我々を見て少し早目に開けてくださったのだ。

「水を司る天之水分(あめのみくまり)大神を主神とし、"みくまりが"御子守"(みこもり)となまって、俗に子守さんと呼ばれ子宝の神として信仰されています。
社殿は豊富(臣)秀頼が再建(1606年)したもので、本殿、拝殿、弊殿、楼門、回廊からなる桃山時代の大変美しい建築です。

4039

国宝木造玉依姫命坐像 (公開されたことはないらしい)
重要文化財

吉野水分神社社殿、木造天万袴幡千幡姫命坐像」

3836_2アクセスのところに「ロープウェイ吉野山駅下車 徒歩約1時間30分」とあった。
私だと、その3倍はかかる。
いや上りばかりだから、時間をかけても来られなかったと思う。
37小さな集落は
山の少しのくぼ地に寄り集まるように家を建てている。
道も狭く、この神社を守っているようだ。
であるからして、神社も山の壁にチョンとある。
しかし、足を踏み入れると、
静かな雰囲気に息をのむ。
素敵な空気が漂う空間でありました。(⑤へ続く)

|

« 吉野へ…行く前のもやもやと③ | トップページ | 花矢倉…吉野一の展望台…⑤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野へ…行く前のもやもやと③ | トップページ | 花矢倉…吉野一の展望台…⑤ »