« 山形のお土産と『フォルトゥナの瞳』 百田 尚樹 | トップページ | 私の功績!? »

2015年3月 6日 (金)

きしめんと稲庭うどん

夫が名古屋で学生時代の友と会って

名古屋名物きしめんをお土産にもらってきた。

67創業明治23年よしだ麺

帰ってきてお礼の電話をしたら、開口一番

「うまいなあ」「えっ!?」

「とらやの最中は。」

家に帰って、すぐお茶にしているようだ。お土産に持って行きまして。

で、こちらもお昼に美味しくいただきました。

   *

そこで思い出した、麺がらみのこと。

先日テレビで稲庭うどんの話をしていた。

それを見ながら私が話した。

私ね、〇さんに悪かったなあと思っていることがあるんだ。」

「何?」

ずっと前に稲庭うどんのお土産をもらったんだけど、そのころそのありがたさを良く知らなくて、あんまり喜ばなかったんだ。」(そんな気がしていたのだ。)

「稲庭うどんは美味しい。確かに、そういうことあるよね、グルメとかに興味ないときはね。」

今度会ったら、しっかり謝ろうと思って、あの時はごめんね、って。」

「そうだね、それは謝らないといけないね。」

と笑った。

   *

そしてさらに今、思い出した。

ちょっと前に会ったとき

既にその話をしていたことを。

「美味しかったでしょ。」と言われた。

ずーっと頭にひっかかっているものだから・・・

   *

これからも会うと必ずこの話をするのかもしれない。

で、彼女もいつも同じ返しをするのかも。

|

« 山形のお土産と『フォルトゥナの瞳』 百田 尚樹 | トップページ | 私の功績!? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形のお土産と『フォルトゥナの瞳』 百田 尚樹 | トップページ | 私の功績!? »