« 美容室にお雛様 | トップページ | そらであそぶ »

2015年2月18日 (水)

最近のパッケージ

今日はまたうすら寒い陽気であります。

長野の息子からの電話
「雪は深々と降っているけど、地面に落ちたらふわっと溶けてなくなる。

もう春が近いんだねえ。」「そうだねぇ」

     *

会社からもらってきたもの

2025両の掌でやさしく包めるほどの

かわいい籠

つむぐ和 朱のかご」というものらしい。

「かつおぶし 池田屋」というところのもの。

中にはもちろんかつおぶし。少し。

私が惹かれたのはそのパッケージというかフォルム

なかなか素敵だ。

お祝いごとにはこういうものもいいですね。アイディアがいい。

■鰹節が引出物に使用される由来

鰹節は、古くから縁起物として重用されてきました。
鰹夫婦節(かつおぶし)と呼ばれ、雄節(背節)と雌節(腹節)が揃って一組となり、夫婦が永遠に寄り添うという意味が込められています。
背腹を合わせた形が縁起のよい亀の甲に似ていることから長寿に、また勝男武士(かつおぶし)や勝魚(かつを)とも書かれ必勝祈願や献上品に、健康を祈念して子供の出産や節句などに用いられ、人生の節目に欠かせない贈り物として伝えられています。(hpより)

小さなチョコレート二つ

2223THEOBROMA(テオブロマ)

2124・ASTOROMY GALAXIE

宇宙だ。

どれも工夫を凝らしている。

中身にも、パッケージにも。

それぞれ開ける楽しみがある。

|

« 美容室にお雛様 | トップページ | そらであそぶ »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美容室にお雛様 | トップページ | そらであそぶ »