« 久しぶりにオークションで | トップページ | 美しい緑、美味しい緑 »

2015年1月23日 (金)

『カッコウの呼び声』上下 ロバート・ガルブレイス

テレビでは今

拉致された後藤さんのお母さんが会見をしている。

重く、日本人の心に迫る。

    *

さて、

昨日の第二戦のテニスは大変でした。私は何もしていないけれど。

力が入りました。

彼も「つらい試合であった。」と。

今日はサッカーでござる。頑張ろう。

    *

この本は実は出版されてすぐ

うわさを聞いてリクエストしていたのだが

もっと面白そうな作品があって、キャンセルした記憶がある。

私の信頼する読書仲間の一人、Tさんのお奨めだったので挑戦する。

     *

私立探偵コーモラン・ストライク

どこかで、進みが遅いという感想を聞いた。

確かにそうだ。

でも、それが今回はそれが好ましくも思えた。

突然新しい事実や、連続殺人が起きるのでもなく、

一歩一歩

事実を知り、まとめ上げ、山のふもとから地道に調査していく。

たまには

こういうのもいいな、と思いながら読んでいった。

ストライクとロビンの関係も面白い。マシューもか。

事件だけでない、いろいろな人間関係が明らかになってくる。

ゆっくりじっくり登りつめると、頂上から

何が見えるのか。

     *

ただ、最後の、種明かし場面は

まるでミステリドラマの崖の上のようだ。

それが3,40ページも語られるのは

長すぎた気がする。

    *

作者は「ハリーポッター」で有名な、J・K・ローリングの別名。

内容(「BOOK」データベースより)

悩みを抱えたスーパーモデルが、うっすらと雪の積もったロンドン高級住宅街のバルコニーから転落死した。警察も世間も事件を自殺と片づけたが、疑いを抱いた彼女の兄は、私立探偵コーモラン・ストライクに調査を依頼し…あのJ.K.ローリングが、「ロバート・ガルブレイス」のペンネームで書いていた、大絶賛のミステリー小説!!

2014/6/27  6,7

|

« 久しぶりにオークションで | トップページ | 美しい緑、美味しい緑 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりにオークションで | トップページ | 美しい緑、美味しい緑 »