« 美しい緑、美味しい緑 | トップページ | 藤沢宿と遊行寺…② »

2015年1月26日 (月)

藤沢七福神めぐり…①

昨日・日曜日

前々から計画していた「第18回新春藤沢・江の島歴史散歩・藤沢七福神めぐり」というものに行ってきた。(もう18回もやってるとか…知らなかった。)

天気がよさそうだったので、前の晩に急遽決定したのだ。

    *

回った順番に・・・書いていきます。

藤沢は何度か行ったこともありますが、
それほど詳しくはありません。
ちょうどいい機会なのでいろいろ調べてみました。

まず藤沢本町で降りて、(8時45分着)

59白旗神社(8時53分) 毘沙門天…知恵と勇気の守り神

東海道藤沢宿総鎮守

60_2門前で小さな骨董市をしていた。

その歴史…HPより

「白旗神社がいつごろできたのかは定かではありませんが、鎌倉時代より以前から、相模国(神奈川県あたり)にある寒川神社の神様・寒川比古命をお祀りして、同じ名前の寒川神社と呼ばれていました。
文治5年(1189)閏4月30日、源義経公は兄源頼朝から怒りをかい、追い詰められ、奥州(岩手県)平泉の衣川館において自害されました。その首は奥州から新田冠者高平(にったかじゃたかひら)という者によって鎌倉に送られました。高平が、腰越の宿(鎌倉市)に到着すると、そこで和田義盛・梶原景時によって義経かどうか確認されました。伝承では、弁慶の首も同時に送られ、夜の間に二つの首は、白旗川を上り、この地に辿り着いたといわれています。
このことを頼朝に伝えると、白旗が源氏の旗であったことから、白旗明神としてこの神社に祀るようにと指示しました。こうして義経公を神様として祀ることとなり、のちに白旗神社と呼ばれるようになりました。弁慶の首は、白旗神社のそばに八王子社として祀られることになりました。」
ということです。

61常光寺 9時20分 福禄寿…幸福・財宝・長寿の神78

山門も趣深い。

樹齢350年のカヤの木

ひっそりこじんまりしている。

65感応院  9時40分 寿老人(長寿の神)

「1218年(建保6年)の創建で、藤沢宿で最も古い寺ともいわれ、正式名称を「三島山瑞光密寺感応院」という。高野山真言宗。
開基は源実朝。本尊は不動明王。開山は道教。

1398年(応永5年)、阿闍梨幸海が中興、1609年(慶長14年)には、江戸幕府より檀林所に指定された。

             「相模国準八十八ヶ所霊場めぐり」の一番」

今は小さなお寺だが、歴史があるのだと、感じる。

666781諏訪神社 9時50分 大黒天(富貴・長寿の神)

「建武2年(1335年)、清浄光寺(遊行寺)を開いた遊行上人第四代呑海が同寺院の鎮守として、信州の諏訪から勧請したことにより創建された、」という。

階段がいっぱい。ふー

車で回っている様子のご年配の方々、ここは急な階段なので大丈夫かしら。

向かいの遊行寺との間の道はかなりの坂道。

切り通しのようだ。諏訪神社は崖に建てられているよう。

    *

ここまでは順調です。

道の向かいにある遊行寺もいかないわけにはいきません。(②へ続く)

|

« 美しい緑、美味しい緑 | トップページ | 藤沢宿と遊行寺…② »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しい緑、美味しい緑 | トップページ | 藤沢宿と遊行寺…② »