« 『悪童日記』アゴタ・クリストフ | トップページ | ベランダの緑と幸せな時間 »

2014年11月11日 (火)

南の方から、届きました。

帰ってきてまず第一声

「涼しいな。」息子1の言葉。

奄美大島は結構蒸し暑かったらしい。

    *

いただきもの

①この前の熊本行きに関しての頂き物

2728・肥後銘菓 「燈籠もなか」 西益屋

「地元山鹿の燈籠をかたちどった燈籠もなかは、昭和33年(1958)昭和天皇への献上品として最高の栄誉を賜わるなど、数々の賞や金牌をいただいております。」hpより

餡がぎっしり、おいしい。

②続きまして、息子1からのお土産です。

奄美大島から

30鶏飯(けいはん)(フリーズドライ)

有名な、奄美大島の郷土料理。

   贅沢なお茶漬けのようなものでしょうか。

31がじゃ豆

「がじゃ豆(がじゃまめ、ガジャ豆)とは、鹿児島県の奄美大島で作られている、ピーナッツ等のナッツ類に黒砂糖をラフにコーティングした豆菓子である。徳之島、沖永良部島、喜界島、種子島などにも類似の品がある。」ウィキペディアより

なぜなら、「がじゃ豆」は喜久屋が商標登録しているから、らしい。なるほど。

まだ食べていないので、味はわかりません。

3229・奄美 夢づつみ

 紫芋あんとお餅をふっくら生地に挟んだもの。

|

« 『悪童日記』アゴタ・クリストフ | トップページ | ベランダの緑と幸せな時間 »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『悪童日記』アゴタ・クリストフ | トップページ | ベランダの緑と幸せな時間 »