« 『村上海賊の娘』和田竜と・・・しまなみ海道の思い出 | トップページ | きょうの大笑い »

2014年11月 3日 (月)

映画『奇跡』と『おとうと』

連休最終日

晴れました。

    *

映画「奇跡」(I Wish

ケーブルテレビでまわしていて、たまたま見た。

キャッチコピーは「あなたもきっと、誰かの奇跡」。

監督・脚本・編集 - 是枝裕和

子どもたちの、子供たち同士の会話の自然さに

てっきり

ドキュメンタリーと思ってしまったぐらいだ。

さすがである。

「奇跡」という言葉には

何か不思議な香りがする。

「奇跡」「miracle」は、「神など超自然のものとされるできごと。人間の力や自然法則を超えたできごととされること」だが、

思うに、今まで生きてこれたことも、奇跡と思えば思えないこともない。

登場する子どもたちはそれぞれに

願を持ち、祈り、その意を強くする。

観た後の印象はよかった・・・

まえだまえだ兄弟他が自然でいい。

作品情報

『誰も知らない』の是枝裕和監督が家族の温かさを描いた感動ドラマ。お笑いコンビ、まえだまえだの2人が鹿児島と福岡に離れて暮らす兄弟役に扮し、奇跡を起こして家族4人が再び一緒に暮らせるように願う姿をピュアな魅力で好演。これまで生きる悲しみ、痛みをつづってきた是枝監督が希望と子どもの輝きを観る者に伝える。2011年

      *

そして「おとうと

つるべさんがいい味出して。

噂には聞いていた。

家族という厄介な、でも切っても切れない絆の物語

作品情報

「名匠、山田洋次監督が「十五才 学校IV」以来10年ぶりに手がけた現代劇。吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟に扮し、切っても切れない彼らの深い絆を、姉の娘の視点から描き出す。」

2010年 126分

     *

どちらも大切な「家族」を描いている。

私は私の大事な家族を思った。今頃どこで何しているやら・・・

もちろん行方不明ではない。みんな楽しく過ごしているかな…

|

« 『村上海賊の娘』和田竜と・・・しまなみ海道の思い出 | トップページ | きょうの大笑い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『村上海賊の娘』和田竜と・・・しまなみ海道の思い出 | トップページ | きょうの大笑い »