« | トップページ | 秋はお茶でひと休み »

2014年10月 1日 (水)

骨その後

あの後、土曜日[折れた日はこちら]

医者に行った後、

母のところへ。

昨日帰ってきて、

今日午前お医者へ行ってきました。

そっち方面の勉強をしていた甥っ子がいうには

何とかと名前がついている骨折は大変とか聞いていたので、

結構ドキドキしました。

ちょうど一週間です。

レントゲンを見て先生が「手術しなくてもいいかも、」とおっしゃいました。

「ほんとですか。」

「私が入院したくないって言うから、そういう方向で考えてこういう結果になったのですか。」

「ちがいますよ、その方がよければそういいます。」

「そうですか、安心しました。」

「来週またいらっしゃい。」

「ありがとうございました。」

     *

よかった、薬をしっかり飲んで、生きて行こうとおもいました。

     *

母に電話して、娘にメールして、いろいろ報告して

そして、いつも昼に自宅に帰る息子2が、あくまでもついでに電話をしてくるのを受けます。

「もしもし。」

「もしもし」「なんか今日の声は爽やかだね。」「え、わかる?」「わかるさぁ」

「そうか。」

「私だってね、お父さんの電話の声で、阪神が勝っているかどうかわかるよ。」

それに返ってきたひとこと

「そんなの僕だってわかるさ。」(さも当然とばかり)「そうなのかぁ」

なるほどね、

見破られているね。

    *

あと一週間大事にして、この一か月を大事にして

その後も大事にして暮らしていこうと思います。

|

« | トップページ | 秋はお茶でひと休み »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 秋はお茶でひと休み »