« 小さな幸せ、敬老の日 | トップページ | 秋の色の果物 »

2014年9月17日 (水)

敬老の日に届くもの

 

爽やかな空と風…秋ですなぁ。しかしちょっと歩けば汗が出る。

     *

怒涛の三連休の翌朝
テーブルの上には
金曜の夜から西の方へ、出かけていた息子1のお土産が置いてあった。

どうやら姫路から山陰方面に行ったようだ。

23松江のお菓子「秀菓撰 花

212 丹波市 「かち栗最中」(これが一番のお土産だと言う。)

22京都「ちりめん羊羹」

25
出雲大社お守り「健康お守り」27


丹後一宮「元伊勢籠神社」(もといせこのじんじゃ交通安全ステッカー

歩きで(電車で)行ったのに、
こんなに重いものをお土産に、ありがとうねぇ、
と言いかけたら

5のステッカー以外は、おばあちゃんちに持ってって、ということだった。

なるほど、いつものことながら、我が家は経由地。

向こうへ持って行って、分けよう。

しかし「元伊勢籠神社」でしたか。天橋立にあるのだ。

前に天橋立に行ったとき,そこへ行ったかどうだか。ブログを始める前だったから・・・でも行った気がしてきた。

来週母のところに行ったとき、お土産を開けて写真を撮りましょう。

     *

さて、昨日の敬老の日、

かわいいマゴッチが大切に我々に持ってきてくれたもの、

2428手作りクッキー二枚
[ピンボケですみません。接写のところで撮らなかった。)

ラップに包まれて、保冷材の入った袋に大事に入っている。

「保冷材が入っているのね。」

と言ったら、

「うん、融けちゃうといけないからね、チョコチップが」

と得意げに言った。

「そうだね、それは心配だもんね。」

「くまちゃんとムーミンだよ!!」

「そうか。食べるのもったいないから冷蔵庫に入れておくね。」

    *

やっぱり

夫がくまさんで

私はムーミンか。いつ食べるかなあ。

    *

先生に敬老の日の話を聞いて、

「バア大好き」と似顔絵をくれたのは二年前だったが、(色が薄くなりながらも、今も壁に貼ってある)

今回はもっと年の大きいバアがママのバアということで

メインになったようだ。

もちろん幾つになってもかなわない私の母の年齢である。

そしてそれが私の願いである。

今も電話で「歩け~」とハッパをかけた。(もちろん優しく言いましたけどね。)

|

« 小さな幸せ、敬老の日 | トップページ | 秋の色の果物 »

家族のテーブル」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな幸せ、敬老の日 | トップページ | 秋の色の果物 »