« ボケの実 | トップページ | 『さようなら、オレンジ』 岩城けい »

2014年8月31日 (日)

南関あげ(なんかんあげ)って、なんかい?

九州熊本の親戚から、大きな荷物が届いた。

中には大きな油揚げが入っていた。

南関揚げ」という。30センチ四方ほど。

  *

71南関あげは、水に浸した大豆をひきつぶして、その汁を煮て豆腐をつくるという。
水分を極力抜いて揚げているため、常温でも約3ヶ月の長期保存ができるという。

そうは聞いても、みんな心配で冷蔵庫に入れたり、早めに使ったり。。

私は一度にお稲荷さんの皮のように甘辛く煮た。

食感は柔らかいけれど、歯ごたえもあっておいしい。

    *
「南関」とは古来よりこの地に関所があったことかららしい。

由緒ある名前だったのだなあ。

つかむときに力を入れすぎると

こわれやすい。

うまく撮れなかったが、いちおう証拠写真

ぼろぼろになっている。

|

« ボケの実 | トップページ | 『さようなら、オレンジ』 岩城けい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボケの実 | トップページ | 『さようなら、オレンジ』 岩城けい »