« 図書館で | トップページ | 一年に一度の・・・ »

2014年7月 1日 (火)

7月・夏のお菓子

6月も終わり、今日から7月です。

    *

7月になるから
ブログパーツを貼り換えようとしたら、表示できなくなった。じたばた。
朝、自分が変えたところを元に戻した。もう一回挑戦します。

外の公共放送から、「明日11月1日からチャイムが4時に鳴ります。」てなとぼけたことを言っていた。

今頃苦情電話がいっぱい、かかっているのだろうなぁ。
私はと言えば、「え、明日?今日が1日でしょ。」ととんまなボケを入れていた。

     *

71京の「菓匠 清閑院」 夏のお菓子

その名も「あじさい

「香り高いレモンをちりばめ、しっとり蒸し上げた浮島に口どけ良いしぐれを重ねました。
色とりどりのしぐれと羊羹製の葉を添えて色あざやかに咲く
紫陽花の花姿を菓題にお作りした創作菓子でございます。」hpより

あじさいをモチーフにしたお菓子はいろいろあるが、
これは初めて見た。

味はまだわからない。土曜日母のところで開ける予定。

もう一つ

72文久3年(1863年)創業の鶴屋八幡の「山清水」

「山間から湧き出る清らかな流れを、干琥珀で表現いたしました。

丹波大納言小豆をじっくりと糖蜜に浸し、寒天と砂糖で包み込んで、表面をゆっくり時間をかけて乾燥させました。シャリっとした食感と中のしっとり感が同時にお楽しみいただけます。」

うーむ、

これは我々が大好きなお菓子である。

母上もさぞお喜びになるであろう。もちろん私も。ありがとぉぉぉ。
友が誕生日にと送ってくれたものである。

     *

61こちらは、先日頂いた栗のお菓子

栗で有名な

恵那 川上屋の

「夏のくり壱」

|

« 図書館で | トップページ | 一年に一度の・・・ »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館で | トップページ | 一年に一度の・・・ »