« 弥陀ヶ原ホテル…④ | トップページ | 室堂平…⑥ »

2014年7月15日 (火)

7月10日・室堂へ…⑤

朝、目が覚めたらカーテンの隙間から

弥陀ヶ原が見えた。

時間は745時24分

富山湾と富山市内

能登半島まで見える。

雨は降っていない。

朝食はバイキング

弥陀ヶ原は終わりなので

もう一枚写真を撮る。
75
ありがとう、弥陀ヶ原!ってな気分になる。

ここは電波もあまりなかった。 

途中までメールを打っても、送る前に消えてしまう。急がないと・・・
電気や水道が来ていないのだから、当然と言えば当然。
面白いことに、エレベーターの近辺は「ある」のだった。
 

それでも夫は子供たちにメールを送ろうとしている。 

「今日もいい日でした。お母さんは元気です。」という定型文の前に、丁寧に一日の報告をしているが、返事はあまり来ていないようだ。

朝食を済ませ、8時10分のバスに乗って室堂に向かう。

落ち着いた、ゆったりした気持ちのいいホテルだった。

       *

7677バスはガラスキー。

次第に雪が増えてくる。

途中の天狗平

78あれが剣岳、と運転手さんが言う。

ソーメン滝はその手前にあった。

79818283雪の大谷のところ

もう無いと思っていたが、かなり残っている。

運転手さんによると、右側は

バスの高さの1,5倍あるということだ。

期待していなかったので嬉しかった。

    *

84間もなく室堂、その真ん中に室堂ターミナル。
その中に「ホテル立山」がある。

「立山黒部アルペンルートの中心地、「標高2,450メートル」室堂平に位置する日本最高所のリゾートホテルです。                                 アルピニストしか見ることのできなかった3,000m級の山々を間近に見ることができます。」HPより

昨日と同じく、まずフロントで荷物を預ける。

ターミナルの上なので、入り口は少しごちゃとした印象

85_3屋上展望台からの景色。

海が見えます。

富山の市街も。

山が近い。

台風が近づいているので、少し風が出てきた模様。

86_2
まずは室堂平を歩いていきましょう。(⑥へ続く)

 

|

« 弥陀ヶ原ホテル…④ | トップページ | 室堂平…⑥ »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弥陀ヶ原ホテル…④ | トップページ | 室堂平…⑥ »