« 空は一休み、私も・・・ | トップページ | 『恋歌(れんか)』 朝井 まかて »

2014年6月25日 (水)

コミカン草

昨日Ca3d01120001_3_2
いつもの仲間で友のところへ出かけた。

人生いろいろ
誰にだってある。
そんな時私たちは、遠慮がちに心を寄せ、肩を寄せる。

Ca3d01140001_2その前に、迎えに行きがてら、5分だけ
お邪魔した友のところ。

相変わらずの素敵なリビング
正面の窓からの緑が美しい。
テーブルの上にも、手作り木工作品がならんでいる。

Ca3d01110001_2_2カメラはいらないと、持って行かなかったので、
携帯で撮ったのが残念。

そこでもらったのが
コミカンソウ」の鉢。その家では、窓辺の右側においてあった。トピアリー風。

5960サワサワと涼しげで、目立たない小さな花。

小さな実が付いて、それがみかんのようだからという。
コミカンというにも小さいと思うのだが。

調べたら雑草らしいが、雑草だからって、やはり素敵は素敵。
風に揺れて、風草のようでもある。

ネットによると
「1年草
本州~九州の畑や道ばたに生え、高さ10~30cm。

茎は赤みを帯びる。多くの横枝をだし、その両側に葉が規則正しく互生するので、羽状複葉に見える。

葉は長さ0.6~1.5cmの長楕円形~倒卵形。雌雄同株。

花はごく小さく、枝の先端のほうの葉腋に雄花、基部から3/4くらいの葉腋には雌花が付く。いずれも花被片は6個で、雄花には雄しべ3個と腺体6個がある。

雌花の花被片は赤みを帯びる。雌花の子房は球形で、表面に隆起したしわがあり、果実になっても残る。

果実はさく果、直径約2.5mmで赤褐色、3室に分かれ、種子が2個ずつ入る。種子は長さ約1mmの半月形、表面に横しわがある。花期は7~10月
学名は、Phyllanthus urinaria
コミカンソウ科コミカンソウ属、 似た仲間にヒメミカンソウがある。」

友のところに全員集合は久しぶり。

体に気をつけてね。

|

« 空は一休み、私も・・・ | トップページ | 『恋歌(れんか)』 朝井 まかて »

私と仲間と」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空は一休み、私も・・・ | トップページ | 『恋歌(れんか)』 朝井 まかて »