« 『笑うハーレキン 』道尾 秀介  | トップページ | 波戸岬から佐世保まで…② »

2014年5月13日 (火)

今年も父の日母の日記念・・・呼子のイカと①

去年

「父の日母の日記念招待旅行の沖縄の旅」が終わったところで、なんとなく決まっていた

「呼子のイカ」と「名護屋城」と「平戸のひらめ」

相変わらずの強行軍

羽田発6時30分で 福岡着 8時20分

   *

まず呼子のイカをちゃんと食べる。

噂では、並ぶ、と言うらしいうので直行。

どうせなら「一番有名」と言うところで。(そう、誰が言ったか知らないが、まずはそこから。)

85 86 と言うわけで、途中の虹の松原唐津城は車の中からの見学となります。

三保の松原、気比の松原、と合わせて日本三大松原と言われています。確かに松ばっかり、でした。

87 お店は10時40分からだったので、十分間に合った。開店10分前に着いた。

「みなさんこれをめしあがりますよ、」と言われた「いか活き造り定食」 2700円

もちろん、これでいいのだけれど、メニューも見てみたい、そんな気持ちにさせられた。

観光地有名店、まさにそんなイメージであった。客が流れ作業に乗せられているような。
混むからなのだろうけれど。

88 89 90 そして、出てきたのは、思わず「おーっ!」とみんなで言ってしまった「4人分4杯のいか盛り」

透き通った、イカで、足は動いている。
別に動いてほしいわけではない、が、それだけ新鮮、生きているということ。

早めにゲソやえんぺらをてんぷらにしてもらう。

なんだかんだ言っても、食べ終わって店を出てきたときには、皆おいしく満足だった。

イカしゅうまいもおいしかった。

   *

それから、「名護屋城」

本などで、読んだことのある「名護屋城」

広くて、広い。

ただそれだけ。ではない。

そして、今はそのすべてが緑。

おおらかに育った巨木と見渡す海にそびえる巨大な城跡、石垣。

   *

9594 93 9192まず県立名護屋城博物館へ。無料

しっかり勉強して、(したのか?私。)登城する。

家康、小西行長、前田利家などなどの陣跡がたくさんあり、

その名前だけで、わくわくし、その頃に思いを馳せる。

陣跡も国指定特別史跡となっている。

   *

博物館の窓からも全容が見える。

96 名護屋城について

「文禄・慶長の役」の拠点として秀吉も1年あまり在陣しました。
築城は1591(天正19)年に始まり、諸大名による割普請(わりぶしん)によってわずか数ヶ月で完成したといわれています。

江戸時代の初期に破却されたと考えられ、石垣が広範囲にわたって崩されています。」(博物館HPより)

日本百名城にも指定された。87番

97_298 「五重天守や御殿が建てられ、周囲約3キロメートル内に120ヵ所ほどの陣屋がおかれた。 城の周囲には城下町が築かれ、最盛期には人口10万人を超えるほど繁栄した。

 100 99秀吉の死後、大陸進攻が中止されたために城は廃城となったと考えられており、建物は寺沢広高によって唐津城に移築されたと伝わる。石垣も江戸時代の島原の乱の後に一揆などの立て篭もりを防ぐ目的で要所が破却され、現在は部分が残る。歴史上人為的に破却された城跡であり、破却箇所の状況が復元保存されている。」ウィキペディアより

     *

101 素敵な森林浴で、おなかもこなれてきた。

さて次はどこに行くか。

波戸岬まで行ってみましょう。

(続く)

|

« 『笑うハーレキン 』道尾 秀介  | トップページ | 波戸岬から佐世保まで…② »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『笑うハーレキン 』道尾 秀介  | トップページ | 波戸岬から佐世保まで…② »