« かわいいクッキー | トップページ | 『ワイルド・ソウル』上下 垣根涼介 »

2014年4月19日 (土)

手作りお雛様と友との電話

ぴんぽーんと鳴って、レターパックが届いた。

いつもの仲間の一人からだ。

先日

火山のふもとで」の本に感動して、

葉書で彼女に紹介したのだ。

彼女の家はこの話のような暮らしをしている中の一人だと思ったから。

もっとも

毎年クリスマス会をする仲間は

それぞれ同じような素敵な暮らしをしている。

希望していても、できない人もいるが。(例 わたし)

借りてきて、読み始めたと言ってくれた。

その返事かな。

   *

中にお手紙と

小箱

早速手紙を読む。

近況と、よく丹沢のふもとで遊んだ頃の思い出や音楽の話が書かれていた。

遊んでおいてよかった、と。

いろんなものの積み重ねが今に続いているのだね。

そして、「積み重ね」は重いね、とも。(はぁ、私か?すまん。)

    *

早速電話。

受話器からは久しぶりの声。話が絶え間なく続いた。

思い出話から、今の状況まで。 一緒に過ごした時間の、宝物のような輝き

    *

44

遅すぎてごめん、というけれど、

むしろ超早すぎ!?ね。

うれしぃぃー  ありがとぉぉ 大切にします。

   *

私が震える手で書いた文字に、いろいろ彼女なりの思いが重なったようだ。

|

« かわいいクッキー | トップページ | 『ワイルド・ソウル』上下 垣根涼介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かわいいクッキー | トップページ | 『ワイルド・ソウル』上下 垣根涼介 »