« 『ふくわらい』 西 加奈子 | トップページ | 新年会その② »

2014年2月12日 (水)

盛り上がった新年会

昨日11日は

高校の仲間での新年会だった。

いつも

場所を提供して、お料理を作ってくださって

本当にありがとう。

お酒はこれだけあります。と主催者からのメール

「 私のところにあるアルコール類は澤之井の本地酒1本、天狗舞濁り酒5合瓶、後は我が家御用達のスペインの赤白ワインとスパークリンワイン(たくさんあります)、もらったビールが3缶です。料理は昨年行った北スペインで食べたものが中心になります。」

そのあと、さらにほかのメンバーから、こんなメール。

0017Kamekuti_1澤乃井の醸造元まで行って亀口酒を入手してきましたので、11日に持ってゆきます。」さらに「1升瓶がリュックに入ることを確認した。」とも。

何と一升瓶をリュックに入れて、担いでくるそうな。えらいぞ!Mさん。

亀口酒の写真がないので、ネットで調べていたら、
これまた素晴らしいお酒らしい。

亀口酒は、蔵元でしか販売しない酒で、搾ったままの濃い味わいが特徴の冬季限定酒です。搾った日によってお酒の種類が違います。隠れたフアンが多く、なかなか手に入らないプレミアの逸品」ということです。
「そういうことだったのかぁ」と「亀口酒」の意味に納得。

持ってきた人も、とうとうと、うんちくを傾けないし(いや、傾けようとしていたかもしれないが、こちらが聞く耳を持たなかった。有ったのは口だけだった、ということか。いやはや。)ということで、いただく方も、真っ先に体で、味わってしまったのだ。

1升瓶が空になったことが、いかにおいしかったのかの証明になりました。味わい方には少々反省でありました。

また「 1月前から限定葉山ロイヤル夏みかんワイン(何が限定で何がロイヤルかわかりませんが)手提げに入れて2本準備しています。」とメールで言ってきた人あり、これも偉い!

前年に「来年は二本お願いね。」と誰かに言われたかららしい。(私ではない。)

そして、「 そちらがみかんなら こちらは川崎特産禅寺丸柿のワインを、昨年からゲットしております。(飲まない方 お酒の話ばかりですみません)」と言う人も。こちらも2本持参、重かったでしょうね。

そしてこれが、そうして揃ったお酒類たち。

0020021024

もちろん料理も「おいしいおいしい」と言うばかりで、どう作るの?などの疑問もほとんどなく、お皿はカラになっていきます。

もちろん美味しいからで、

それはみんなの食べっぷりをみれば、一目瞭然。

しかし一生懸命作ってくれた方には申し訳ありませんでした。

まず、スパークリングワインで乾杯して・・・
グラスを合わせるのも、心を込めた気がしました。

にぎやかに始まりました。

総勢10人

0018 宿主様が最近スペインに旅行に行ってきたということで、料理はそのスペインのもの。

チキンとツナのパイ風の「エンパナーダ」二つ。

0019 トルティージャ

(スペイン風オムレツ)

クリーミィなチーズもサラミソーセージもおいしかったです。

これが、またワインに合うのです。

023_2これは台湾からの「からすみ」

あぶってあって、とてもおいしかった。

025焼き芋

Img_0053 026サンチャゴケーキ

アーモンドベースでつくられたあっさりとしたケーキ。

表面が茶色く焼きあがった丸いケーキの真ん中にサンチアゴ十字軍の十字架型をおき、まわり全部に白いパウダーシュガーをふりかけると、茶色の十字架だけがきれいに 浮き上がるというもの。

真ん丸の完成形のこのケーキを撮ったカメラマン様に送っていただきました。さんきゅ。

十字架の形から「サンチャゴケーキ」と言うらしいです。

お料理やつまみも、まだまだいっぱいあったのですが、

まことに申し訳ないことに、

写真は完璧な形で撮ることができず、

自分も食することに夢中で、いくつかの写真を撮り忘れ、

しかし

自分のおなかはいっぱいと言う

何とも幸せな一日でございました。

    *      *

皆さまざまに、今までの人生を歩んできて、

楽も苦もあり、

それでも

今ここで笑っていられることに

幸せを感じて

その時を過ごしているのだと、思うと

心に何か温かいものが流れるのでございました。

ありがとうございました。

     *

今回こられなかった方々

来年はきっと・・・
鬼よ、笑わば笑え!だね。

(続く)

|

« 『ふくわらい』 西 加奈子 | トップページ | 新年会その② »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ふくわらい』 西 加奈子 | トップページ | 新年会その② »