« 富士山本宮浅間神社…② | トップページ | クロネコから、やっときた! »

2014年1月11日 (土)

三嶋大社…③

059 富士から沼津、そこからまた乗り換えだった。
いろいろな電車に乗れた。もとは特急の車両にも。
このいすはふわふわだ、こっちも都内のよりいいとか、言っていた。
通勤の椅子は厳しいらしい。

三島駅に着いたのは2時すぎ(だったかな)

     *      *

ここでゆっくり町の散歩をする予定だった。

「歴史と水の町…三島」である。「街中がせせらぎ」ともある。

「三つの三島」 …「美・魅・味」ともあった。

富士山と共に美しい景色・祭りや芸能(富士の白雪ノーエの三島農兵節)・三島うなぎ

三嶋大社へは車で何回か来たことがある。伊豆国一の宮
しかし歩くのは初めて・・・うきうきわくわく

060 では、ゆっくり見て回ろうか、

楽寿園の正門です。

062 白滝公園・めぐみの子

061 そこから、水辺の文学碑を見ながら、水上通りを行く。

064 063 太宰治や若山牧水など三島ゆかりの文学者10名の句碑が並んでいる。

川の水もきれいだ。

065 067 三嶋大社へ、

御祭神

「大山祇命[おおやまつみのみこと]、積羽八重事代主神[つみはやえことしろぬしのかみ]、御二柱の神を総じて三嶋大明神[みしまだいみょうじん]と称しています。

大山祇命は山森農産の守護神、また事代主神は俗に恵比寿様とも称され、福徳の神として商・工・漁業者の厚い崇敬をうけます。」

このあたりで、ぱらぱら雨が降ってきた。

少し急ぎ足になる。

068三嶋大社の樹齢1200年とも伝わる、国指定天然記念物・金木犀は相変わらず元気でした。

お土産にいつもの「福太郎」を買った。母のところに持って行って食べたが、おいしかった。

071072お参りをしている頃
本降りになり、
歩くのはきっぱりとやめて
(決断力のあることよ)、
うなぎ屋さんに行く。

途中で
近くのお店の人に聞いたら
親切に教えてくださり、
「これを持っていくと、何かサービスがありますよ。」
「ありがとうございます。」

069 着いたところは「うなぎ すみの坊 本町店」

クーポンでドリンク一本が付いてきた。
テーブルにたれが置いてあって、嬉しかった。
遠慮がちに「たれ多めで」とか言わなくてすむ。
美味しかったです。

それから電車で帰りました。爆睡いたしました。

小田原から小田急線でもいいかと思いましたが、
JRに最後まで乗る、18きっぷの旅を完遂しよう、をコンセプトに、
最後までJRで座って帰りました。
始発駅まで戻ったりもして。

万歩計は忘れたけれど、駅の移動も結構あった、13時間の各駅停車の旅でした。
今度はどこへ行こうかなぁ

ちなみに、路線情報で調べたところ、総運賃は5240円でした。良く乗った。
それがどうした、と言う話もあるが、18きっぷの旅であるから…

息子にスタンプがいっぱいになった切符を返しに行ったら、返すものはそれではないでしょ、と言われた。そうか、代金か。まあまあ、固いこと言わないで…

|

« 富士山本宮浅間神社…② | トップページ | クロネコから、やっときた! »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山本宮浅間神社…② | トップページ | クロネコから、やっときた! »