« 青春18きっぷで、初もうで…① | トップページ | 三嶋大社…③ »

2014年1月10日 (金)

富士山本宮浅間神社…②

010 身延線富士宮に着いたのは10時45分ごろ
約一名おなかが空いたようで、うどんでもいい、なんて言い、
「ここは焼きそばがB級グルメなの、」と私は言う。
011 何とか神社まで行ったが、そこで、「食べよう!」
「これでは落ち着いてお参りできない」と。
開店したばっかりの、焼きそば屋さんに入る。

まあまあの朝ごはんでした。

0050 目の前の神社駐車場にはたくさんの人と観光バス。10台はいる。駿河国一宮である。

0051 都内ナンバー、まだ、こんなに来るんだぁ。

感心しつつ進んでいくと、またも人ごみ。

どうやら某政治家の新年会?初もうでのようだった。

みんなで記念写真を撮っている。

大変だなぁ。政治家さんも。

その人は、今日はニュースに出ていた…

HPによると、富士山本宮浅間神社の
主祭神は「木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)(別称:浅間大神(あさまのおおかみ)」

「木花という御神名から桜が御神木とされています。境内には500本もの桜樹が奉納されており、春には桜の名所として賑わいます。」

富士山頂上浅間大社奥宮」

富士山8合目以上は奥宮境内地であり、約120万坪の広さに達します。古来富士山は富士山本宮浅間大社の御神体として崇められる神聖地であって数々の霊場行場があります。 」

0052_2 「楼門
楼門は、間口4間、奥行2間半、高さ6間半2階入母屋造で、正面・左右脇に扉が付きます。楼門の左右には随身が安置してあり背銘に慶長19年(1614)の年号があります。楼門に掲げる扁額は聖護院入道盈仁親王の御筆で文政2年に制作されたものです。」

00540053なるほど。

富士山の湧水は非常にきれいだ。

0056_2 0057 湧玉池

東脇門を出ると平安朝の歌人平兼盛が「つかうべきかずにをとらん浅間なる御手洗川のそこにわく玉」と詠じた湧玉池があります。この池は富士山の雪解け水が何層にもなった溶岩の間を通り湧出するもので、特別天然記念物に指定されています。 清水の湧出する水源の岩上には朱塗優雅な水屋神社があります。富士山登山者はこの霊水に禊ぎをして登山する古くからの習わしがあります。

058 それから戻って
静寂の中、本殿にお参りしました。

のんびり歩いていたら
惜しいところで、電車に間に合わなかった。

むしろ、座って休めてよかったかな。
次は三島へ。

|

« 青春18きっぷで、初もうで…① | トップページ | 三嶋大社…③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18きっぷで、初もうで…① | トップページ | 三嶋大社…③ »