« 三嶋大社…③ | トップページ | しょうゆ豆 »

2014年1月12日 (日)

クロネコから、やっときた!

クロネコポイントと言うものがある。ご存知でしょうか。

ポイントをためると
プレゼントがもらえる。何かの記念らしい。

そして、この2月で終わるらしい。

それに気づいたのは、去年の6月ごろ。

始まったのは2012年8月だったらしい。

宅急便が週に何回も来る我が家においては
非常に残念なことであった。

なぜもっと早く気が付かない。

山のようなメールの山から、自分に必要なものを掘り出すのは結構大変なことである。もう少し注意してみれば…もっと早くに、気づいたはず…

こうして私は美味しい話もあまた逃しているはず、まあいいか。

と、残念がっているのは、私だけではあるが…

みんなには「そんなに欲しいの?」とあきれられている。

00400041だって、乗り物好きなマゴッチ2号に、もらってあげたいんだモーん。

「クロネコヤマトミニカー・遊べるレジャーシートセット」

宅急便のミニカーが2台と、街の地図の書かれたレジャーシートである。娘がこれがいいとチラと言った。

できれば

クリスマスに、とはだれもが思うものらしく、

これの注意書きに「最長3,4週間かかります。」と有ったので

11月30日に申し込んだが、

思うことは皆同じのようで、年を越えて、
「先日、やっと」届きました。待ちました。

いつか、

届けてあげましょう。

  *     *

クルマと言えばうちの息子1も大好きだった。乗り物。

4歳ぐらいだろうか。私は段ボールを4畳半いっぱいに広げて

そこに、

道を作り、駅を作り、公園を作り、店を作り、実家を作り、我々の家を作り、

町を作った。

もちろん私の大ざっぱな道の線は
マジックで大胆に書き、
線引きなど使わない。

しかし、それまで畳の縁を道に見立てて、寝っころがって車の世界に行っていた息子には、たいそう嬉しいもののようだった。

その地図は使い終わると、壁に立てかけて・・・

さらに、もっと大きい街に、何回も作り変えられた。

ある日

通りすがりに、ふと横目で見たその段ボールの町に

工事現場ができていて

砂山がこんもりと作られていた。

はたらくクルマが忙しそうに

砂を運んでいた。

これには、ちょっとびっくり、した。

しかし、その気持ちはよく分かる。

そして、ちょっと一緒に遊んだ私でありました。
いい思い出。

|

« 三嶋大社…③ | トップページ | しょうゆ豆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

何て素敵なお母さんだったのでしょう!
そして、今は愛いっぱいのおばあちゃま

私も、牛乳パックを切って組み立てて高速道路にしたり、がたがた揺れるトラックやバスを作ったりしたっけ…。
証拠写真を撮っておくんだったなあ

懐かしい思い出が蘇りました。
ありがとうございます。ふふふ

投稿: かたつむり | 2014年1月12日 (日) 15時14分

段ボール工作、私にも(正確に言えば我が家の子供たち)思い出があります。
オランダに行った時、引っ越し後の山のような段ボールを使って子供たち(小6と
小1)はガレージに段ボールハウスを作りました。
椅子やテーブル、本棚にインテリアの額縁、スリッパまで
ありました。
これが結構現地の子供たちとのコミュニケーションツールになっていました。

投稿: こけし | 2014年1月12日 (日) 17時51分

かたつむりさん こんばんは
コメントありがとうございます。
どのお母さんも
そういうことをしていたのでしょうね。
お子さんはきっと覚えていらっしゃいますね。

電話がまだダイヤル式だったころ
冷凍焼売の入れ物をティッシュの箱に張り付けて、
割りばしの両端にぷっちんプリンのカップをつけて
プッシュホンにしたのも自信作でした。

ナンバーのところが押すとぶにゅってへこんで。
いろいろ思い出しますね。
我々母親の奮闘時代!
これからもがんばっていきましょうね。お互いに。

投稿: いち | 2014年1月12日 (日) 20時31分

こけしさん こんばんは
コメントありがとうございます。

これまた
人種の違う言葉も違うところで
大成功でよかったですね。

うちより
ちょっと大きかったからか、
立派なおうちができましたね。

これもまた楽しい思い出ですね。
私もこういうの大好き!
お互い今も手作りも大好きですものね。

投稿: いち | 2014年1月12日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三嶋大社…③ | トップページ | しょうゆ豆 »