« 『夏の嘘』 ベルンハルト・シュリンク | トップページ | 春の気配 »

2014年1月27日 (月)

残ったワインは・・・

先日

テレビに素敵な料理の先生が出ていて、

手作りのワインビネガーを見せてくれた。

ワインの残りを一年分

まとめておいて、熟成させて作るのだという。

そうか、余ったワインはこうすればいいのだな、ふんふん

そこで

作り方を検索してみたら

いろいろあった。

これで安心して

ワインも飲めますね。

とはいっても

1週間なら飲み切ってしまいますが。

090 いろいろ検索していたら

面白そう…

使いかけのワインの活用法。

で、使いかけのワインが欲しくて

新しいワインを開けてしまいそう・・・

これって

どうなのだろうか。

キッチンに先日飲んだワインの瓶

当然ながら

カラであります。

自家製ワインビネガーもいつになったらできるのか。できそうにない。
まあいいか。

|

« 『夏の嘘』 ベルンハルト・シュリンク | トップページ | 春の気配 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

我が家も飲みかけワインがよくあるので赤ワインビネガーや白ワインビネガーを作っています。
以前聞いたときはワイン:米酢の割合が1:2というのでやっていますけどそれでいいのでしょうか??
違和感なくドレッシングなどに使っていますが。

投稿: VIN | 2014年1月30日 (木) 09時50分

こんにちは
HPには次のようにありました。いろいろあるらしいですね。おいしければいい、と言うことで。

*自家製ワインビネガー風にも!
白、赤ともに自家製ワインビネガーを作って、ドレッシングやお料理の調味料として使うこともできます。作り方はいろいろあるようですが、ワインにビネガー(穀物酢ではなくリンゴ酢などなるべく熱加工していないお酢)を混ぜて(ワイン:お酢=4:1)、瓶などの容器(ペットボトルなどは避け)に入れます。容器の表面に布をかぶせて輪ゴムでカバーし、日陰に2,3ヶ月置いておけば出来上がり。

ちょうどリンゴ酢があるので、しかし飲みかけのワインが、ないのであります。仕方ない、開けましょか。

投稿: いち | 2014年1月30日 (木) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『夏の嘘』 ベルンハルト・シュリンク | トップページ | 春の気配 »