« 2013年読んだ本と… | トップページ | 『緑衣の女』 アーナルデュル・インドリダソン »

2014年1月23日 (木)

またあした!

母のところへ行ってきた。

週末行けそうにないので。

いつものように、みんな一緒にお昼を食べて、ドラッグストアに買い物に行った。

089 そろそろ玄関のロウバイが盛りかと思ったが、つぼみが膨らむ程度で、一輪だけ咲いていた。

もう少しだ。

これをくれた友人を思った。

     *     *

その夕方のこと

日差しが斜めになり、太陽が最後の挨拶をして

輝きを増す。

088 そんな一筋の光が

カーテンの隙間から

突き抜けてきた。

キラキラキラ

斜めに差し込む金色

ちょうどガラス瓶に当たって

ピッカリと

光っている。

きれいだぁ

夕方のひと時

とても幸せなひと時

またあした!ね。

そしてそれは一瞬のことだった。

|

« 2013年読んだ本と… | トップページ | 『緑衣の女』 アーナルデュル・インドリダソン »

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

本当に「きれいだあ~~」
太陽がお別れの時に輝きを増して、カーテンの隙間から
どんな隙間も逃さず、しっかり光を届けてくれて…
一瞬の輝きですね。
素敵なお部屋!椿かな?

投稿: かたつむり | 2014年1月23日 (木) 21時12分

かたつむりさん
コメントありがとうございます。

いつも、沈む夕日の方を眺めていたけれど、
その反対側にも、まっすぐな光があったんですね。
お日様ってすごい、偉い。

その時を逃さないために
あわててカメラを向けたので、
片付ける暇もなく、その下はお見せできない紙の山でした。あはは

投稿: いち | 2014年1月24日 (金) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年読んだ本と… | トップページ | 『緑衣の女』 アーナルデュル・インドリダソン »