« 『紙の月』 角田光代 | トップページ | 肺炎球菌 »

2013年12月10日 (火)

うれしい自然のものたち

妙な雲行きの午前中でございます。

さて、飛び交う、お歳暮も兄姉からのは面白い。

 

いつも女性陣に贈る「彩果の宝石」についても、「今回はちょっと気取っていた物だったけど、そうじゃなくていいわ、」とは、すぐ上の義姉の言ったこと。

 

プレミアムと言うのを贈ったのだが・・・
了解、来年はそうします。

2011妹から
みかん狩りのおすそ分けをこんなにいっぱい。

今年は豊作らしいです。

そして婿殿の実家からも
2023いつものように「手作り沢庵」や野菜などが送られてきました。

いつものように一つ一つ丁寧に、洗われ、詰められた野菜たち。
実直なご主人の性格に思いを寄せます。

2018新しい(?当然ですが)ネギがいっぱい入っていましたので、
昨日は,豪勢に(?)すき焼きをしました。
そこにはベランダの春菊も大威張りで入っていました。

他に白菜、大根など。
本当にありがたい、です。

そして、昨日はすぐ上の義兄からも。

20172021手作りこんにゃく
早速夫が自分で煮ていました。
これがとてもおいしいのです。

・手作りお味噌
ちょうど買おうと思っていたので嬉しい。

・泥付きねぎ
こちらは長持ちしそうです。

・立派な大きなサトイモ

2014・大きなユズ
手に持っただけで香ります。

2019・干しいも
母の大好物です。

2020・自家製「ゆずみそ」
近くの「道の駅」からでしょうか。

ほんとにほんとに、みなさま、
ありがとうございました。

大事に無駄にせず美味しくいただきます。

|

« 『紙の月』 角田光代 | トップページ | 肺炎球菌 »

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『紙の月』 角田光代 | トップページ | 肺炎球菌 »