« 『いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和』日野原重明 | トップページ | 湯河原のお土産と・・・ »

2013年11月 8日 (金)

『夜も昼も』ロバート・B・パーカー

009母の庭からもらってきた菊と
食べられない、つまり、観賞用唐辛子

あっちこっち向いて咲いてて
まさに乱菊(?)

      *      *

今回の本は「夜も昼も」「Night and Day]ロバート・B・パーカー作

ジェッシィ・ストーン・シリーズが,次で最後になる、って言ったって
今回初めて読んだし、
読むのやめようとも、思ったものだけど
事情により、都合により
読んだもので
そんな私が、何も言う資格はない、と思う。
しかし、スペンサーシリーズは読んだことがあるような気がする。

  • .1 スペンサー シリーズ   39冊
  • .2 警察署長ジェッシィ・ストーン シリーズ   9冊
  • .3 女性探偵サニー・ランドル シリーズ  6冊
  • .4 エヴェレット・ヒッチ シリーズ   3冊
  • .5 その他の小説   9冊
  • しかし、読み進んでみると
    署長ジェッシィはなかなか魅力的で、ウィットに富み、
    なかなかいい雰囲気であった。つまりなかなかではあった。67

    いろいろ調べていたら、ロバートの妻のジョウンは24歳下だが、同じ2010年に亡くなっている。彼は1月に、一人で椅子に座って息を引き取っていたという。同じ年にというのは、なぜだろう。

    いろいろ検索してみたが、結局わからなかった。秘密めいて、妄想好きの私にはいろいろなドラマが浮かんできた。知りたい。

    |

    « 『いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和』日野原重明 | トップページ | 湯河原のお土産と・・・ »

    書籍・雑誌」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « 『いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和』日野原重明 | トップページ | 湯河原のお土産と・・・ »