« みかん狩りと温泉へ | トップページ | 『いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和』日野原重明 »

2013年11月 6日 (水)

湯河原温泉で

041042真鶴半島と
その先端の三石海岸

040


テトラポットの上に止まるのは誰かな。


マゴッチ2号はたどたどしくも

私の母とよく話す。

一番自分に近いと思ってるんじゃない?
大好きなのね。

065母には子供をリラックスさせるおまじないがあるようだ。

「あのね、
こっちは『おばあちゃん!』

で、これは『ばぁ!』」

私の方が軽々しく扱われている。

Dsc00025みかん狩りの宣伝写真のようだ。

012「ねえ、おばあちゃん!

どうしてみかん狩りしなかったの?」

「坂道だったから
怖くていけなかったのよ。」(上で待っていました。)

「ふーん、こわかったの?
そうなのかぁ。」

「ぼくはね、大きい車の運転はできないよ。
だってまだ、足が短いから、届かないもの。」「そうなのね。」

みんなに周知しないと不安らしい。繰り返して言っている。

そして、クルマの中でも
保育園で習った歌を
お姉ちゃんと一緒にたくさん歌ってくれた。

「がんばるマンのうた」「ぐんもーにんの歌」「大きくなったら何になるのうた」など。

「おはようごじゃいまちゅ」と言う言い方がこの上なくかわいい。
今だけの・・・

クルマの中も
楽しいひと時となった。

一番のちびっこが
一番みかんを食べたと思われる。

Dscf0095どこも混むことなく
楽しく
日帰りの距離を1泊で
のんびりと、温泉食事温泉と
それ以外は、何もせずだらだらと過ごしてまいりました。

おばあちゃんの
「持病が増えなくてよかった」記念旅行でありました。

みかん色の夕日が幸せそうに沈んでいきました。

|

« みかん狩りと温泉へ | トップページ | 『いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和』日野原重明 »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みかん狩りと温泉へ | トップページ | 『いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和』日野原重明 »