« 救急車その後 | トップページ | 『百年法』 山田宗樹 »

2013年10月22日 (火)

眠れぬ夜に

こんにちは
皆様、いかがお過ごしですか。
いま図書室へがんばって行ってまいりました。リクエストが来ているかとの、見込で行きましたが、まだでした。残念!

 

昨夜のオリオン座流星群も雲のふたが邪魔をして、見られませんでした。残念!(残念2連発!)

     *    *

その夜、読む本がないことに、夕方ごろから気づいていた。

しかたがない、
暗くなったら用事はしないのが私の常だが、
少し体を動かすべく、
片付けなど始める。

そろそろ寝るか、と思ってもなかなか寝付けない。

がばと起き上がって
本棚を
仁王立ちになって眺める。

そこには
読む本は入っていない。

3001じっと睨むと、
料理の立派な本が数冊。
その横に分厚い花の本
その背中が私に呼びかける。「寝れるよ!」

私のいつかの誕生日に子供たち3人で買ってくれたものだ。
花づくり大百科」主婦の友社、
今調べたら、その年1994年新発売だったものらしい。今は絶版。
3003見返しの部分に
3人からの「おことば」が自由に書き込まれている。
それに対する私の返事も。

皆めんどくさいお年頃だったと思うけど、
よく書いてくれたなぁ。

もちろん家じゅう植物だらけで迷惑である、と言うようなニュアンスたっぷりではあったが。

めげる私ではない。
それも子供たちからの愛だと喜んで受け入れていた。

横になって
まず、その見返しをじっと読み、
それから、何度も見た本をぱらぱらとめくる。

山野草の部にも、先日の「クモマユキノシタ」などなかった。
懐かしく確認しながら、
私は無事「ユメノナカ」へ入ったようだ。ありがたい。

|

« 救急車その後 | トップページ | 『百年法』 山田宗樹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

いいね、をありがとうございました。お誕生日の花の図巻の御家族のコメント素敵ですね。それから私も年をとって少し小さくはかなくなってしまった母がいるので、ブログに心打たれてます。親との毎日が少しでも幸せに穏やかにいられるとうれしいですよね。また、お邪魔させてくださ~い。

投稿: ぶーたれきままゆきこ | 2013年10月22日 (火) 17時15分

こんばんは 
ゆきこさん
いいねもいいけど、コメントもうれしいです。
ありがとうございます。
毎日がちょびっとでも幸せなことがあるといいですね。
ぜひまた
おいでくださいませ。ませ。
お母様によろしく。

投稿: いち | 2013年10月22日 (火) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救急車その後 | トップページ | 『百年法』 山田宗樹 »