« 三連休…ハロウィンとお墓参り | トップページ | 『踊る骸』 カミラ・レックバリ »

2013年10月15日 (火)

『花の鎖』 湊 かなえ

今日は曇天
これから来るという台風
その中を母のところへ。
早めに行って早めに帰ってこよう。

     *    *

この本も知り合いのブログで知った本。
湊かなえさんの本は、どうも気が重くなるような印象を持っていて、
敬遠していたが、
彼女の感想で、これはそうでもないかもと思い、
リクエストした。

ぱふさん、ありがとう。

内容紹介は以下のように簡単。

しかし内容は、なかなか複雑
というか、これは誰のこと?と言う人物把握がややこしい。

しかし、文体も読みやすく、読みやすく
ほぼ一晩で読んだ。

内容紹介

元英語講師の梨花、結婚後、子供ができずに悩む美雪、絵画講師の紗月。3人の女性の人生に影を落とす謎の男「K」。感動のミステリ。
金つばと花がキーワード?
りんどう、コスモス、こまくさ・・・・
最後に2時間ミステリーの最後のような場面になり、
解かれていく。
人物関係をとらえることが
われわれ読者にとっても、正確に読み終えるということになる。
60  2011/3/8(単行本)
検索していたら
9月17日にフジテレビで放送されていたらしい。
再放送があったら見てみたい。

|

« 三連休…ハロウィンとお墓参り | トップページ | 『踊る骸』 カミラ・レックバリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三連休…ハロウィンとお墓参り | トップページ | 『踊る骸』 カミラ・レックバリ »