« 8月6日の広島の朝に | トップページ | 『空飛ぶ広報室』 有川浩とテレビ② »

2013年8月 9日 (金)

『オレたち花のバブル組』池井戸潤とテレビ①

「オレたち花のバブル組」である。

これとその前の「オレたちバブル入行組」を原作にしてドラマが始まると聞いたのは、「入行組」と「ロスジェネの逆襲」を読んだ後だった。

最初は勝手に
自分の中でイメージを作っていて、
境雅人が半沢サンだと聞いて、
「イメージ違うっ!」と思った。

私も漫画の何とか課長さんのような、をイメージしていた。
もう少し爽やかな・・・(失礼!)

でも逃すことなく、結構心待ちにして、
毎回見ている。
別物としてみれば、とても面白い
脚本は原作にほぼ従っていて。

前回はまたさらに視聴率が上がったらしい。

現代の勧善懲悪・水戸黄門ふう。(前を見たら、そこにも書いていた。)

それが見る人をスカッとさせるのだろう。

最初は引っかかりつつ、見ていたけれど、

熱演の彼を見て、少しずつ受け入れてきた。

二冊目を読んでいるときは
既に始まっていたから
どうしても半沢=境雅人になって頭に浮かんできた。

いつも唇をかみしめている主人公として。

「何倍返しであろうと、それはいい意味でのそれであって欲しい。」と思う。48

|

« 8月6日の広島の朝に | トップページ | 『空飛ぶ広報室』 有川浩とテレビ② »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月6日の広島の朝に | トップページ | 『空飛ぶ広報室』 有川浩とテレビ② »