« 栂池自然園その2…④ | トップページ | 夏休み…お盆 »

2013年8月18日 (日)

12日は、流星群を見に美ヶ原へ…

月曜日、息子は仕事へ。
我々は食事つくりと夜まで休憩。

夫は、こんな暗い中、じっと星を待っているのか?などと、ぼやいていたが
我々は前から「面白い、こんなこと、そうはないから、行こうね。」と楽しみにしていた。

1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群のひとつ、ペルセウス座流星群の極大が夜中の3時ということで、11時過ぎに出かけた。

今年の活動ピークは8月13日の3時ごろと予想されているのだ。
この季節は夫の実家とか、キャンプ場とかで過ごしていたので、
流れ星の思い出は多い。

スイフト・タットル彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていたちりが地球の大気にとびこんで、上空100km前後で発光して見える、という。

今年は早めに月が西の空にしずむので、条件がとてもいいらしい。

極大の時刻にはペルセウス座が北東の空高く上り、絶好の条件となる。

2013年の観測条件は国内からでは最高で、これだけの条件が揃うのは数年に一度で,次は2021年まで同条件は揃わないとか。

観測は,12日22時から13日夜明けまでがお奨めで、この日以外の出現はとても少ないともあった。

P8132862_2息子は以前の好機に友達と出かけてきて、
星空のきれいさに、感動し
私を誘ってくれたのだ。

昼間一日かけて
星空での写真の取り方を研究したが、結局うまくいかなかった。

で、息子のカメラの写真を1枚もらった。流れ星は撮れなかったが…

それも次第にぼやけてきたので、懐中電灯で見たら、夜露でぐっしょり。

それくらい夜露が激しく、空も時折靄に隠れ、またくっきりと見えるという状態だった。

12時過ぎ自然保護センター駐車場に着いて、ドアを開けたときの星のくっきり鮮やか感には思わず,歓声を上げた。

公衆電話や車のカギをかける明かりも目障りなほどの暗闇
その暗闇で鹿が鳴く。

P8132827駐車場に寝転んでいる人もいる。
我々はセンター前の長椅子に陣取って、そこに寝転んだ。

みんな星が見たくて来ているので、楽しそう。
流れれば、あちこちで、「あー、きたぁ」とかいう声がする。

広い空なので、自分には見えないこともあったが、うんうんきれいだね、とその声に頷く。

美ヶ原は寒いよ、甘く見ないほうがいいよ、という息子の声に
「そうっかぁ?上着一枚でいいだろう。」などと耳もかさず言えば、

「いいよ。僕が冬用の上着持っていくから。」と言っていた。

しばらく上を見て感動していたが、
次第に寒くなり、上着を取りに行き、一枚2枚重ねる。

車に服を取りに行った夫に、私のマフラーもあるんだけど、と言ったら
うん、今首に巻いている。

なんだとぉ~私のなのに。だって、さみぃよ。

私は肉襦袢のせいか、さほどではない。

いやぁ、恐れ入りました。美ヶ原の寒さよ。
現地の方のお言葉は無視してはいけませんなぁ。などと言い、笑いあう。

ほんとに寒かったです。夜露に濡れたせいかもしれない。

凍らしたペットボトルのお茶も
さすがに「ホットの紅茶がよかったね。」

4時、空に雲がかかってきたし、
だいぶ見たので、帰ることにします。

暗闇に光る動物の目、
道路の近くに小さな鹿もいて、目があいました。

20372041帰って昼近くまで寝ました。
それから野菜や桃を買い、(またぁ!?ですが・・)
信州新町へジンギスカンを食べに行きました。

今回、私は初めてのところ、「むさしや」
リーズナブルでとてもおいしかったです。満足満足

 

 今までの「ジンギスカン」の項目を探したら、見事に同じような行程で。面白かったです。

 2013.5.92008,2、19など)
 

それから、近くの不動温泉に入って、帰りました。お風呂はとても空いていました。この時は無人。

今日もとてもいい日でした。幸せです。
この楽しかった星空見物はいつまでも思い出に残るでしょう。(続く)

|

« 栂池自然園その2…④ | トップページ | 夏休み…お盆 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栂池自然園その2…④ | トップページ | 夏休み…お盆 »