« 母の好きな・・・ | トップページ | 夏の »

2013年7月 8日 (月)

『オレたちバブル入行組』 とテレビ「半沢直樹」 *

今外で「光化学スモッグ警報が発令された」と流れていた。
暑い、昨日初めてリビングのクーラーをつけたら、冷えが悪い。
もう買う時期と思ったので、即購入した。暑いのは嫌いだ。
母にも電話して、クーラーつけてる?と確認。

さて、昨日夜テレビで新ドラマ「半沢直樹」があった。
じっくりと拝見。
原作をついさっき(?)読んだばかりだったので、何かのご縁だろうか。
原作にかなり忠実に作られている。
時間が前後するところも、なるほどこうなるのか、こうするのか。面白い。

原作を読んでいた人には良くわかるかもしれないが、
恋愛っ気が全くないので若い人にはどうでしょう。
そうか、出演者を楽しみにすという手はあったか。

今見たら視聴率19パーセント越えだったらしい。
本としてもヒットしたからね。

この原作をなぜ今まで読まなかったのか。

そして今なぜ、ということだが、
ロスジェネ」を読んで、先日娘のところに行ったら
この本が買ってあった。

「まだ読んでないけど、」と言いつつ、貸してくれた。
帰った日、その夜、一気に読んだ。
読み終えたら朝が明けそうだった。夜中の12時からの読み始め。
その前は「しをんさんの本(三四郎・・・)を読んでいた。

このシリーズ最初の作品なので
少し張り切っている感じがしたが、やはり面白かった。

時代劇、水戸黄門のような、現代版勧善懲悪、エンタテインメント小説である。

私の全く知らない世界を少し垣間見た気がする。

ただ
全部が全部こうではないとは思うけれど。

強い人でないと大変そうだなぁ。(43)

内容(「BOOK」データベースより)

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。 

|

« 母の好きな・・・ | トップページ | 夏の »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

半澤直樹やっていましたね。
ビデオに撮ったつもりで今朝チェックしたら撮れてなかって残念!
でもやられたら倍返しの半澤は仲村トオルのイメージだったので(私が勝手に決めていただけ)配役を見て、がっかりするかもと思っていたのでよかったかもです。
妻の花はもう少し年齢が上だと思うし。
まあテレビと本は別物と思えばいいのでしょうけど。
池井戸作品では「バブル」シリーズがいちばん好きです。

投稿: VIN | 2013年7月 8日 (月) 15時49分

こんにちは VINさん
私も主役を聞いたときは「えーっ 違う!」と思いました。
でも見るつもりでいました。新聞に「熱演」とか書いてあったのに影響されたのか、見ているうちにはまってきました。
私も仲村トオル風のもう少しきりりとした方がいいと思っていたのです。
まあ、別物ということで、二回楽しめるかな。原作には結構忠実でしたが。
自分のイメージと違った他のキャスティングもなるほどね、これもありか、と思ったり思わなかったり。

投稿: いち | 2013年7月 9日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の好きな・・・ | トップページ | 夏の »