« 花を見ながら、下ってきました。…⑤ | トップページ | 久しぶりの友のお宅へ① »

2013年7月27日 (土)

怒涛の22時間、帰ります。⑥

716約3時間の滞在で、思う存分楽しめました。

今でも思い出すと
心が笑います。

それから、途中の、「スーパー銭湯」へ行きました。「喜多の湯

なにせ
午前1時に家を出たので、眠いはずです。

Dsc_0717そこでは、食事をし、
お風呂に入って、ゆったり休める場所もあって少し寝ました。
結構いいです。スーパー銭湯って初めてです。

それから、どうする?
そうだ「豊川稲荷」に行こう!

私、行ったことない。
みんなも行ったことないので、ちょうどよかった。

3時半着。
なかなか面白い。豊川稲荷(面白がっていいのか?)

122123一見したところ、庶民的でなんでもありげな、みんなに愛されている雰囲気が漂っています。

124

126

127「正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)。詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院である。境内に祀られる鎮守の稲荷(吒枳尼天)が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られる。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立っている。また、日本三大稲荷の1つとされる。」(ウィキペディアより)

128130





131


132


駐車場に車を置いて、表に回ります。
平地にあり、かなり広いようです。

133
「大本殿」

136東海屈指の霊場と呼ばれる豐川閣妙嚴寺は、その境内1,272ha(三万千百五十一坪)を有し、その中に整然と点在する堂塔伽藍は大小合わせて九十余棟にも及びます。」HPより。137


141庶民の間で商売繁盛、家内安全、福徳開運の神と親しまれたと言うことです。

144


145


149


     

「奥ノ院」

「千本のぼり」

「景雲門」

それから
夕食に浜松でうなぎということに。
しかしどこがいいか調べ切れていなかったので、
ああだこうだと言いつつ舘山寺から通り過ぎて
結局、納得いくところを調べてまた来ようということになり、
高速に乗りました。

167168今度は「第二」ではなく「第一(?)」東名で、
お土産を買いつつ、
牧之原SAのレストランで食事
170シラス丼(干しエビも)
とんかつ丼(地元の肉とたまごふたつですと。)
マグロ丼(マグロの漬け)
166どれも950円でリーズナブル。

非常においしかった。
お茶もおいしかった。

土曜の夕方だけど、とても空いていて、
みんなは第二東名に行ってしまったのだろうか、と心配になった。

「世界遺産登録記念フェア」をしていたが、
こんなに頑張っている(と思う)のに、大丈夫なのかと
つい応援したくなった。

でもこれ以上は食べられない。

家に帰ったら11時だった。
中身の濃い1日、22時間だった。
夫は翌日また出張に出かけた。忙しい。

私はとても幸せだった。
(伊吹山から見るのはこちら

|

« 花を見ながら、下ってきました。…⑤ | トップページ | 久しぶりの友のお宅へ① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

豊川稲荷、やっぱり面白~い!

仁王様がお留守のような「景雲門」ですか?
たなびく雲の彫り物が多いのでしょうか?
面白い門です。

幸せいっぱいを私もいただいちゃいました~

投稿: かたつむり | 2013年7月27日 (土) 19時50分

こんにちは
かたつむりさん
確かに良く見ると、お留守にも見えますね。
どこからか移築したとかあったような。

もしかしたら
我々の後ろをついて来ていたかも。
仁王様。

キツネや大黒様にみんなの願いが
込められているようでした。
それも悲壮感ではなく、あっけらかんとした。

投稿: いち | 2013年7月30日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花を見ながら、下ってきました。…⑤ | トップページ | 久しぶりの友のお宅へ① »