« 晴れた日に『しゃぼん玉』 乃南アサ | トップページ | お土産ははんぶんこ »

2013年6月29日 (土)

純白の大地…カザフスタン

驚き!地球! グレートネイチャー「初公開!純白の大地~カザフスタン」

(何と、びっくりマークだらけではないか。でも確かに素晴らしかった

昨日午前中偶然見たBSテレビ

23日夜に放送されたものの縮小版らしい。
ま、見られてよかった。

カザフスタンの純白の大地

トゥズバイル(?) 
この辺りの、初めての取材という。

手つかずの純白の絶景

高さ100メートルの断崖が何キロと続く。

穴が開いた、白いアーチの造形

辺境の地ゆえに閉ざされていた景色

雄大で美しい

ボスジラはさらにすごい。

円形劇場のようなところ

カスピ海の東部に潜む

美しく雄大な風景

さまざまな形に見える

白い岩の形が舟だったり、恐竜だったり・・・

年間260日強風が吹き、

この白い岩は

チョークの原料 白亜で

白くもろい。だからなのだ。

海の底だったかららしい。

貝殻や海の生物の化石が埋もれている。

遠浅の巨大な海、テチス海の底だった場所

テチス海は地中海黒海カスピ海のもとだ。
イギリスにも痕跡が見られるというから
大きい海だったのだ。

そんな地球規模の造山運動の影響で海の底が浮き上がった
大きな景色

取材最後の日
夜の白い大地を撮ろうとしてがんばる。

午前3時雨雲がかかってしまい
残念と思ったところで
起きた奇跡

雷とともに

輝き出でた

雄大な絶景

それは月の明かりとも違う
まさに
天の神と一瞬つながったかのような景色で
鳥肌ものだった

すばらしい

いろいろ調べていたら
2012年11月24日「世界ふしぎ発見!」で同じような観点から放送されていた。BSTBSでも。

NHKの作品の方のブログにたどり着き(ボスジラで検索)
そこで素晴らしい景色の写真を見られた。

「思わず息をのむ“白亜の大地”!朝日を浴び、姿を一変させる奇岩の絶景!いま明らかにされる“純白の謎”!カスピ海の東部に広がる“奇跡の絶景”、その全貌に迫る

舞台は、カザフスタン西部にあるマンギスタウ州。世界でも珍しい“純白の大地”が広がる。大地を創り出しているのは、石灰岩の中でも、ひときわ白い「チョーク(白亜)」の層だ。こうした白亜の地層は、かつて、この場所に広がっていた古代の海の中で形作られたものだと分かってきた。そのメカニズムは、一体、どのようなものなのか。白亜の奇岩の数々をクライミングの技術を駆使し、多角的にアプローチ。純白の大地の謎に迫る。」HPより

行かないで、
テレビで見るのがおすすめ!とあった。
実際に行くのは大変だから。

そうか、なるほど、有難く、そうします。

|

« 晴れた日に『しゃぼん玉』 乃南アサ | トップページ | お土産ははんぶんこ »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れた日に『しゃぼん玉』 乃南アサ | トップページ | お土産ははんぶんこ »