« 純白の大地…カザフスタン | トップページ | 誰も驚かない »

2013年6月30日 (日)

お土産ははんぶんこ

昨日は
母のところに行った。

出張が続いた夫もお土産がいっぱいあるので
嬉しそう。

母が嬉しそうに笑ってくれるのが嬉しいのだ。(“嬉しい”の3連続だ!)

たくさんのお土産を持ち、昼ご飯を買い、出かけて行った。

母はご飯を炊いてくれていた。
「おかずは無いわよ」

8009お土産①
金沢のいつもの「切いか3パック」ずつ。

「まだ残っていたと聞きましたが・・」
「ううん、もう無い。昨日食べちゃった。」
「それは良かった、以心伝心ですね。」

8008お土産②「茨城特産干しいも

みんなの大好物
もちろん母も・・・
「これはあげないわよ。」と母。
大丈夫!
私ももらったから。
私のはもうほとんど無いけどね。

80058006③愛媛県松山の一六タルト

2005年思い出の四国旅行の味で、つい買ってきてしまうらしい。
これも我々二人にひと箱ずつ。

Hyougemame_kagawa_p_1香川県ひょうげ豆(いただきもの
8002

毎年9月に行われる奇祭「ひょうげ祭り」からだという。

これは半分こ

「昔は好きで良く買ったなぁ。」と母
「よかったね。噛める?」
「大丈夫」「ゆっくり食べてね。」で半分にしました。
好きなものは根性だ!
食べると、そんなに固くなく、おいしかったです。

8004しょうゆ豆
「しょうゆ豆」は香ばしく煎ったそら豆をしょうゆ・砂糖などでつくったタレに漬け込んで味付けした、さぬき(香川県)では昔から各家庭で作られていた郷土料理です。今では家庭で作られることこそ少なくなってきましたが、やはり食卓にはなくてはならない一品として親しまれています。

「しょうゆ豆」の特色として、いわゆる普通の「煮豆」と違い、はじめに煎ることから、軽く噛むと口の中でポロッとくだける歯ごたえが楽しめます。」HPより

8001⑥ メロン
結構な大きさのメロンが3つ届いた。ありがとうごぜえやす。
一つを実家へ。
来週甥っ子の二番目の子がめでたく1歳の誕生会をするというので。
もう一つは来週行く予定のまごっち宅へ。
二人とも果物大好きなのだ。

8003⑦日光鬼平の羊羹

1箱を半分にしたので、もっとありましたが、
この一口羊羹は食べやすく、
いいです。

⑧そして自家製お米
婿殿の実家から送っていただきました。おいしいお米。母にもおすそ分け。

きゅうり1本!
ベランダで立派に育ったきゅうりを見て、母はビックリ!
凄いわねえ。夫もうれしそう。こんなのができるんだね。

こんなにいろいろ持って行ったので、母もびっくり、嬉しそうでした。

母は足腰が痛いようで、(90歳ですからねぇ、私などそこまで到底無理!)
座っていても痛いと言い、
帰り際には「おかげで痛い気持ちを忘れたわ。」と。
良かった。

わたしたちも
爽やかな気持ちになって帰ってきました。
いい土曜日でした。

そして我が家にもこれだけのものが
テーブルの上に載っているのでございます。

さて、いつ食べるか、
何から食べるか。

|

« 純白の大地…カザフスタン | トップページ | 誰も驚かない »

家族のテーブル」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 純白の大地…カザフスタン | トップページ | 誰も驚かない »