« 突撃沖縄の旅…① | トップページ | 世界遺産めぐり…③ »

2013年5月14日 (火)

梅雨入り直前に…②

週末は雨模様の予報も出て、
でも大丈夫、我が晴れ一家、それでも雨なら、仕方ないさ。
そんな感じで飛行機に乗ったのはアサイチの6時20分

天候が悪ければ、(どうやら雷らしい)引き返すこともある、と
言われた。

無事那覇に着いたのが9時。
羽田に戻らなくて、まずは良かった。

しかし、空港を出ると雨だ。
これから良くなる予報はあるが、雨だ。
まあいいか。

レンタカーを借り、
傘も借り、まずは「道の駅いとまん」にちょっと寄っては見たがスルーの感じ。

P5111805喜屋武岬、平和の塔…沖縄戦・悲劇の岬
戦死した将兵と散華した住民の遺骨一万柱を奉納した「平和の塔」が建っている。

地図で見ると、細い道。
車では行けるのか?この雨の中を歩くのは・・・と私は言う。
「じゃあ行けるところまで、行ってみようよ。せっかくだから。」
「そうだね。」

P5111803003で、細い道を行ってみたら、なんと岬に着いた。

岬なので風も強い。
早々に車に戻る。

行かないつもりもあったけど、試してみてよかった。沖縄本島南端近くの岬である。

朝早かったので、
車には会わなかった。

119次はひめゆりの塔
有名史跡(?)であるからして、土産物屋の呼び込みが多い。
116


一番近い駐車場に入れる。
周辺には数多くの慰霊塔や慰霊碑が散在している。
というか、この島全島がそうなのだと感じた。

駐車させていただいたお店でお昼

3,4回来ている息子が説明してくれた。
ばら肉の乗った沖縄そば 紅ショウガとコーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)で薬味とする。

135平和祈念公園

P5111833

・沖縄県平和祈念資料館
悲惨な沖縄戦の実相及び教訓を後世に正しく継承するとともに、平和創造のための学習、研究及び教育の拠点施設として活用されています。 

P5111813沖縄平和祈念堂
 「第二次世界大戦で最後の激戦地となった沖縄は、軍民合わせて約24万人余もの尊い人命を失いました。
 この悲惨な戦争を二度と繰り返さぬよう世界の人種や国家、思想や宗教のすべてを超越した“世界平和のメッカ”として昭和53年10月1日、この平和祈念堂は開堂しました。」
 
雨上がりの靄の中白くそびえたつ堂
P5111816P5111828平和の丘 

広い整備されたひろーい公園。平和の礎、平和の火
公園全体で平和を祈っている。その空気が漂う。
P5111831


やんだと思った雨がちらほら来て、私は早めに休憩した。
行かなかった向こうには海があったようだ。

|

« 突撃沖縄の旅…① | トップページ | 世界遺産めぐり…③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突撃沖縄の旅…① | トップページ | 世界遺産めぐり…③ »