« 甲府は近い | トップページ | 『深い疵』 ネレ・ノイハウス »

2013年3月 4日 (月)

今年のひなまつり

昨日は3月3日 ひな祭りだった。
特に何も行事はしなかった。

朝一番のスーパーから母に電話をする。

130303_111401「今、店内に入ったけど、何か買い物ある?」

「特にない。ご飯は炊いた!」

「あっ、そう。」

「なにか食べたいものがあったら、一品ぐらい買ってきて。」

そういう母の声に私はピーンときた。

そうだ今日はひな祭り、

母はきっと炊き込みご飯を作っているに違いない、と。


なぜだかはわからないが

電話に聞こえる母の声に

炊き込みご飯に煮物ぐらい(?)作ってあるから 

そんなにおかずは買ってこなくてもいいわよ。」

そんな雰囲気を聞き取ったのだ。


ちらし寿司と言いたいけれど

これは面倒だし、冷たいし、という話だと思う。


1002スーパーの中をカートを押しながら夫に話した、

「きっとお母さん、炊き込みご飯作ってくれてる。」と。

そして、私はひな祭りのお菓子として
キャラメルコーンのお雛様セットを買った。

実家に行ったら、予想通りだった。

「今日炊き込みごはん?」

「そうよ。」

他に煮物と漬物、みそ汁、なますなど

テーブルに並んでいる。


出来合いの炊き込みご飯の素で作ったのだけれど、

結構がんばったお昼ご飯

その話をしたら

「そうじゃなかったら、がっかりだったわね。」と笑った。

そんなことはないけどね。

でも、母の気持ちは嬉しい。

夫が丁寧に摘んだベランダのホウレンソウをお土産に持っていったら。

何よりも喜んでくれた。

1003幸せな気持ちで帰ってきた。

これは「メロゴールド
文旦とグレープフルーツをかけたポメロというフルーツにホワイトグレープフルーツをかけたもの。カリフォルニア産、1~2月にしか見られないという。
1個500g ~1kgくらいもある黄色みかかった大きな柑橘で、甘みが強く、果汁が多い。

 

一房ずつむいて食べるのがいいという。
おいしそうだ。

「明かりをつけましょ ぼんぼりに・・・」

思わず口ずさみ・・・

なんだか嬉しくなった日曜の午後でした。

0022110031006また、先日の新年会で器を忘れてきてしまい、

それが、中に試食品と称するケーキが二種類入って帰ってきたのが土曜日でした。(何と素敵なのでしょう。)

母のところに持って行って一緒に食べようと思ったら、
近所の知り合いが夕方来るので取っておく、と言っていた。

メロゴールドはその知り合いが持ってきてくれました。

いろいろな人の優しいお心にとても感謝した次第であります。 

|

« 甲府は近い | トップページ | 『深い疵』 ネレ・ノイハウス »

家族のテーブル」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

忘れ物が、やさしさという付録をつけて
戻って来た!
誰かのために、ご飯を炊く、ほうれんそうを摘む、
買い物ある?…なんて電話する。

あったかいな~

投稿: かたつむり | 2013年3月 4日 (月) 20時35分

こんにちは
かたつむりさん

今日は春の予感のする
温かい一日でしたね。

いつもいつも
あたたかい気持ちを持って過ごしていきたいです。

投稿: いち | 2013年3月 5日 (火) 17時33分

お母様との交流、拝見するたび暖かい気持ちになります(*^。^*)
メロゴールド初めて聞く名前ですが、甘みが強いのは魅力的ですね。
最近はいろんなかんきつ類を掛け合わせた新種が続々登場して、先日清見とポンカンを掛け合せたはるみを食べて糖度17度という甘みに感動しました。
メロゴールド食べてみたいです。

投稿: VIN | 2013年3月 5日 (火) 21時03分

素敵な御家族とお仲間がいらして素晴らしいですね。
ちょっと御無沙汰しました。
昨日、娘に第1子が生まれました。
赤ちゃんの顔って見ていて飽きないものですね。
ちなみに女の子です。

投稿: こけし | 2013年3月 5日 (火) 21時45分

おはようございます、VINさん
かんきつ類
付加価値を付けたものが多く出てきましたね。

メロゴールドはまだ食べていません。
週末に「みかん好き!」と
のたまう孫がやってくる予定だから。

投稿: いち | 2013年3月 6日 (水) 08時23分

こけしさん
おはようございます。

おめでとうございます。
良かったですね。
本当に本当の新生児、かわいいでしょう。

じっと笑顔で見守って・・・
あぁ、幸せな時間でありますなあ。うらやまし。

投稿: いち | 2013年3月 6日 (水) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲府は近い | トップページ | 『深い疵』 ネレ・ノイハウス »