« 『レイクサイド』 東野圭吾と「鍋島本丸」 | トップページ | 医者三昧でやる気もほどほどに »

2013年2月15日 (金)

岩波ホールの思い出

ブログ友達の「か」さんのところで

映画の話に盛り上がっている中

高野 悦子さんの訃報を聞いた。


彼女の名前は、

最近は忘れてしまっていたが、

ふと思い出した。


そうそう

岩波ホールの・・・


岩波ホールと言えば

知的好奇心が今よりいっぱいで、

それに合わせた行動力もあるころ

友だちと見に行った記憶がある。

神保町は好きで

学生時代

古書店めぐりもよくしたが

そのころの岩波ホールは

知っている人は知っていたかもしれないが、

私は知り始めたばかりで

名前は知ってはいたが、私の行くところではないかと思いつつ

「すごいなあ」と感心したことを覚えている。

つまり、横目に見つつ

古本屋さんに行っていたというわけ。


そのうち

そこで上映される映画に着目し、

それがどこかで上映されるとなるとまた注目するというような

「岩波でやっている。」というのが

一つの話題のもとにもなっていた。


ここ数年は

忘れがちであったが

その間もずっと活動されていた。

当たり前ではありますが、感服いたします。

さすがであります。


創立20周年記念作品「八月の鯨」1988年

 *この映画はどうも私は実際ではなくビデオ鑑賞だった気がする。

 友人が見て薦めてくれた。じわっと感動した。

『宋家の三姉妹』1998年

「ダロウェイ夫人」1998年

「山の郵便配達」2001年など

2月9日に45周年を迎えたらしい。

岩波ホール創立45周年記念ポスター展」が2月17日から三省堂書店神保町本店にてあるという。

また、これを期して「八月の鯨」が 2月16日から25年ぶりにニュープリントで上映らしい。

(明日ですね。)

ご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。

いろいろなつながりで

思い出した。岩波ホールでした。

|

« 『レイクサイド』 東野圭吾と「鍋島本丸」 | トップページ | 医者三昧でやる気もほどほどに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いちさん、“痛快”の所に再びのコメントをありがとうございました。
高野悦子さん、立派な業績を残されましたね。
いちさんが岩波でご覧になった3本は、私も観ました…と思ったのに「ダロウェイ夫人」のカタログが見当たりません??
他に「森の中の淑女たち」「フィオナの海」「乳泉村の子」など観ました。「淑女たち」は良かったけれど、他は私には少々、難しいかな?
「八月の鯨」はTVでの上映に期待したいのですが…??

投稿: かたつむり | 2013年2月15日 (金) 15時41分

こんにちは
かたつむりさん コメントありがとうございます。
そうですね、テレビでの放送に期待しましょうか。
ケーブルならありえるかな。

まあ面白いのもそうでないのも
あのころは
お勉強の時間だったような。

そのあと「李白」という雰囲気のいい喫茶店で
感想を述べ合ったり。
今は
「きっさこ」というらしいですね。

あの辺もまたゆっくり行ってみたいです。

投稿: いち | 2013年2月15日 (金) 17時52分

岩波ホール懐かしいです。
「宗家…」は観ましたねえ!
仕事仲間と神保町までランチに行くと、
何をやっているかと
必ず岩波ホールの前を通って帰りました。
高野悦子さんのご冥福を祈ります。

投稿: ちゃちゃ | 2013年2月16日 (土) 08時38分

こんにちは
ちゃちゃさん

岩波でやっている、というのが
一つの判断基準になっていた気もします。

もちろん
気が向かないのも、
向いてもいけないのもありましたが。
階段に並んで待つのも今では懐かしく。

投稿: いち | 2013年2月16日 (土) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『レイクサイド』 東野圭吾と「鍋島本丸」 | トップページ | 医者三昧でやる気もほどほどに »