« 今年もまたまた新年会 | トップページ | 『レイクサイド』 東野圭吾と「鍋島本丸」 »

2013年2月12日 (火)

パズルゲーム?「イニシエーションラブ」乾くるみ

今日は寒いです。また雪とか・・・

次はyumikoさんのお勧めの「イニシエーションラブ

またもやお初にお目にかかりますの作家です。

娘が通勤の行き帰りのために買う文庫本もまた

初めての作家が多いのです。

若さが違うのかなあ。

もう少し

窓を大きく開けて

人様のお勧めの本を取り入れようと思います。

 

しかし、これもなんでしょう。

少し乱暴に見える文章で、あまり深くもなく

事実が順番に書かれていく。

名前からすると、作者は女性?と思ったが

男性だった、なるほどね。(「ぬいぐるみ」からの名前らしい)

そういう感じの文章です。

 

しかし、ミステリだというけれど。

どこが?

 

A面、B面と分けてある。

これが何やら意味を持つ。

 

作者は

日本語をツールにして

トリックを仕掛ける。

 

時折

読んでいて疑問に思う。

あれ、と引っかかるところがある。

あれ、普通の若者向けの恋愛ライトノベルだった?

お呼びじゃない?

そう思わせるために

説明もはっきりさせないところもある。

 

すべて作者の意向に沿った仕掛けであった。

「ミステリーリーグ」とありつつ

何の事件も起きない、若者が合コンから知り合っていく

恋愛バナシ

と思いきや、その仕掛けがわかると違った面が見えてくる。

 

「単純な話のようで、伏線が非常に緻密。“ここにこんな意味があったのか”と発見できる、宝探しのような面白さも」

後からぱらぱらと読み直すと

なるほど・・・

作者は面白いだろうなあ。

罠にはまる読者。

若者から人気が出たということだ。

ゲーム感覚?

それは

ことばを超えた

時の流れ

 

葉桜の季節に君を想うということ (歌野 晶午)」と似た匂い、同じくすっかり騙された。

これも自分では手にしなかったであろう、本です。

最初は、

yumikoさ~ん

私にはちょっと・・・かな。年が違うから?なんて思いましたぐらい。あはは

ネットや文庫本には詳しい解説があるということです。14冊目

|

« 今年もまたまた新年会 | トップページ | 『レイクサイド』 東野圭吾と「鍋島本丸」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

乾くるみさんて男性だったのですね!@@!
最近は女性か男性かわからないネーミングが多いので迷います。
といっても読まないうちから食わず嫌いの作家さんのひとり…いちさんの言われるようにもっと窓を大きく開けなければとは思うんですけどね。
レビューを拝見していて何だか『葉桜…』的だなあと思っていた矢先『葉桜…』のことを書かれていたのでなるほどと。
歌野氏も『葉桜』一冊読んだだけで食傷気味な窓の開放部の超狭い私です。
反省!

投稿: VIN | 2013年2月14日 (木) 09時17分

おはようございます。

同じような感じ方で
私もうれしく、うんうん・・・そうなのよ。

ゲーム好きの若者から
口コミではやっていったと聞きました。

見事にはめられると
やられた!って思います。
「葉桜…」は最後まで、でした。
こちらは読みながら「???」でしたが。

窓も
無防備にあけっぱなしはいけませんね。
開けたり閉めたり?

投稿: いち | 2013年2月14日 (木) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もまたまた新年会 | トップページ | 『レイクサイド』 東野圭吾と「鍋島本丸」 »