« アカデミー賞で映画三昧の予感 | トップページ | 映画「ナイロビの蜂」とオスカー »

2013年2月24日 (日)

たくあんの大名煮

婿殿のお母様が

作ってくださる沢庵

いつもおいしくいただいている。

その最後のものが、味がきつくなってきたので、

どうしようかと考えたが、

ネットで調べて煮物にしてみた。

そういうものを聞いたことがある。

001大名煮とか贅沢煮とか、いろいろ言うようだ。

水に浸して、戻す。

油でいため、焦げ目がつくほどにするといいというものもあった。

私もまず、炒め、

唐辛子醤油みりん酒などで味付けをし、汁が無くなるまで、火にかけて出来上がり。

「大名煮」の由来は、たくあんを一度塩抜きする手間からきているそうで、ぜいたく煮にともいうらしい。

贅沢煮」も「そのままでも食べられるのにわざわざ一手間をかける点」が「贅沢」というらしい。なるほどね。

結構おいしいと思ったのだが、

唐辛子が効きすぎて

相方は苦手のようだった。

残念!


沢庵が少しだったのに

唐辛子が1本だったからかな。


以前に作ったことのある

おこうこのじゃこ煮

どちらも京都あたりの名物らしい。

ただ細かく細切りにして

鰹節と胡麻で炒り煮にもする。


沢庵好きとしては

いろいろ興味がある。

せっかくのものは

もったいないものね。

とにかく

全部無事食べ切りました。御馳走様。

|

« アカデミー賞で映画三昧の予感 | トップページ | 映画「ナイロビの蜂」とオスカー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

沢庵 母が良く作っていましたが
もう何年か前から沢庵も梅干しも作らなくなりましたね。

沢庵はちょっと酸っぱくなると
細かく切っ塩抜きしてサラダ油で炒めて
お醤油と唐辛子で炒めていましたが
それも 「贅沢煮」「大名煮」?
名前も知らないで食べていました。

時々母のを真似て作る事がありますよ。

投稿: ちこ | 2013年2月26日 (火) 10時15分

こんにちは
ちこさん

なんでも無駄にせず
いろんな工夫をしてきたのですよね。

最近
母のようだなあ、と自分を思うことがあります。

投稿: いち | 2013年2月26日 (火) 16時08分

昔作ったことがあります。
たくあんの煮もの・・最初聞いたときは、え!と
思ったけれど、食べたら、美味しかったのを覚えています。

投稿: 小夏 | 2013年3月 1日 (金) 14時41分

こんにちは
小夏さん

日本人の知恵ってすごいですね。
食いしん坊なのかな。

投稿: いち | 2013年3月 1日 (金) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカデミー賞で映画三昧の予感 | トップページ | 映画「ナイロビの蜂」とオスカー »