« ちょっと春の兆し?カワセミはマボロシ! | トップページ | 『濡れた魚』 フォルカー・クッチャー  * »

2013年2月 4日 (月)

あんのういもですけど・・・

先日

長野の息子から

「ネットショッピングで

安納芋を買った、おばあちゃんがストーブで焼くのにいいと思って、」

と電話があった。

01an04
母はストーブで何かを調理するのがお気に入りなのだ。

ホイルで巻いて焼き芋も良くする。

01an03あの有名な

安納芋

私も食べてみたかったぞ。

なるほど

小粒で焼き芋にはぴったり。

さっそく

味見で焼いてみた。

クリーム色で

焼き芋のような気がしない。

安納芋(品種名:安納紅)は、種子島の安納地区で古くから栽培されているサツマイモの一種で、皮は紅色、果肉は鮮やかなオレンジ色をしています。

種子島の温暖な気候と肥沃な土地で栽培されることで水分を多く含み、クリームのようにねっとりとした食感が特徴で、一度食べるとやみつきになる味です。

また、糖度が高いことでも知られ、生の状態でも16度、時間をかけてじっくりと焼くと一般のサツマイモの2倍、なんと糖度40度にもなります(※完熟マンゴーでも20度)。甘さの割にはカロリーが低く(*1)、食物繊維やビタミン、カロチンなどを多く含んでいるため、健康を気にする女性やご年配の方々にも大変人気の高いお芋です。

※「安納芋」の名称は、源氏による平家討伐の戦が種子島にも及び、その戦が終息した地「安納(安らかに戦が納まったと言う意)」に由来しています。」Hpより



果肉はオレンジ色?!

しまった!ちょっと変だと思って中を切ってオレンジだったのを

捨ててしまった。あれは食べられたのだろうか。

許せ!息子!



014パンフレットを見ると

寒さに弱く

保存がきかないということのようだ。

それでなかなか一般的に流通できなかったらしい。

早く母のところに持っていかないと…

常温15度前後での保存がよく、

10度以下ではダメで、

20度以上でも芽が出てしまう、というらしい。

届いてから

しばらくそのままにして

留守にしていたので

あれはやっぱり傷んでしまったのだろう。

6キロ入りが4.5キロに減ってしまったかも。

息子には内緒だ。しーっ!!

私が食べたと思おう。

あのぉう、あんのういもですけどぉ~

隠しきれずつい話した。やっぱり。

本人もそうとは知らなかったと。

一番いい方法は「一つずつ新聞紙に包んでしまう。」とあったので、

早速小さいものまで包み終えた。

これ以上は、ね。悪くならないように。

やれやれ

取り扱い方、良くわかりました。

|

« ちょっと春の兆し?カワセミはマボロシ! | トップページ | 『濡れた魚』 フォルカー・クッチャー  * »

家族のテーブル」カテゴリの記事

お土産・頂き物」カテゴリの記事

コメント

安納芋、そんなに繊細だったのですね。
少し前友人からいただいて、そんなセンシティブとは知らないからぞんざいな扱いでころがしておいて食べきったのですけど^_^;
ホイルで包んでストーブの上に乗せておいたのが甘みが出て特においしかったです。
お母様、いちさんを初めお孫さんたちのやさしさに囲まれてほんとうにお幸せだなあといつも感動しています。

投稿: VIN | 2013年2月 4日 (月) 11時33分

こんばんは
繊細な安納芋です。
だから
出回らなかったということです。

ちいさいものでも
筋っぽくなくて美味しかったです。

早速今日の夕方仕事から帰った夫に
母のところに届けてもらいました。
喜んでくれるといいな。

投稿: いち | 2013年2月 4日 (月) 21時52分

「フルーツ福袋ってのを楽天で買ったときに「あんのういも」もあり、能書きを読むと、私には面倒くさく…、
同じように息子の方にも送ったので、聞いてみると、嫁さんが「普通のおイモのように食べています」というので、
私も駄目にするよりはと、「普通のサツマイモ」のように、スチームしたり、焼いたり、煮たりとしました。
2~3カビが生えて駄目にしましたが、おいしく食べきりましたよ。

投稿: ちゃちゃ | 2013年2月 5日 (火) 10時36分

おはよう、ちゃちゃさん
安納芋は今や多くの人が知っているようですね。

母も喜んでくれました。
くれた孫に葉書を書いたそうです。

小さいのでも
美味しい焼き芋になりますね。

小さいから早く焼けるし。
焼いてから冷凍すれば長持ちもするようです。

ストーブの上でホイル焼きが一番
うちの分は無くなりそう。

投稿: いち | 2013年2月 5日 (火) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと春の兆し?カワセミはマボロシ! | トップページ | 『濡れた魚』 フォルカー・クッチャー  * »