« そら・空・そら | トップページ | サントリー白州蒸留所…② »

2012年10月10日 (水)

秋の山高神代桜…①

母が温泉に行きたいね、という。

でも近くがいいね、とも。

で、計画したのが、また山梨

私が最初にみんなを誘ったのは実相寺

有名な山高神代桜のあるお寺だ。

昔から巨樹、そして桜が大好きな私

しかも近いということで、今までにも友人を誘って何回か行っている、あのあたり。

1078最近は母にも見せたいと思っていた。

しかし盛りの時はものすごい混雑。

ということで、この季節に。

まあ、境内にはどなたもいません。

085なかなかいい雰囲気です。

まっすぐに本堂に向かっていくと、

左側にはこれもかなりの大木の桜たち

三春の桜や淡墨桜の子供がいます。

秋の日差しが気持ちいい。

0055まずはお参り。

昔はまず桜、気が付いてお参り

そういう人が多かったようでした。

1008


樹齢2000年とも1800年ともいわれる桜

私が出会ってからも数十年だけど、2000年からは増えていないなあ。

桜の花がない分、幹が目立っていた。

回復計画を立て、いくらか元気になったということだが、どうだろうか。

幹の色が自然になったのかもしれないが、私には前より幹が痛々しいようにも見えた。

もちろん全体の重々しさは素晴らしく、

いつものように「おまえは何をしているのかね。元気にしてたかい?」

見る人の現状によって感じ方は異なるのかもしれない。

岩のような幹。

長く生きることに、そして毎年必ずみんなの期待に応えてきた

その心意気の凄さを感じる。

昔、一緒に行った友がその前で、長く立ち尽くしていたことを覚えている。

おなじ感動を一緒に得られることはとてもうれしいことだ。

樹齢2000年以上といわれる「神代桜」……  同寺は創建以来2度の火災にあって歴史的建造物や寺宝等は残っていないが、境内の「神代桜」が有名。国指定の天然記念物の神代桜は、樹齢2000年以上といわれ、その大きさは最盛期で、高さ13.6m、根本幹周13.5m、枝張りも東西27.0m、南北30.6mというエドヒガンの巨樹を誇っていた。。近年、主幹部保護のため若干こぶりとなったが、毎年4月10日前後の開花期には見事な花をつけ花見客の目を楽しませている。  白壁の塀で四方を囲まれた境内は約3000坪と広く、山門をくぐると花畑の中を参道が続く。花畑にはラッパ水仙やチューリップが約10万本、 植えられている。また神代桜ばかりでなく、樹齢50年から100年の桜が30本ほどあり、花見の時期には寺の周辺には売店も店開きし、県内外から観光客が押し寄せている。」 実相寺HPより

0041014秋空に

気持ちもさわやかになり、先へと進みましょう。

来年の桜の時期には

我々のことですから

「見てきたように」

互いに桜のことを

話すに違いありません。

Sw060410盛りの写真はHPより

自分のはどこかに行ってしまったのです。(②へ続く

 

 

|

« そら・空・そら | トップページ | サントリー白州蒸留所…② »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そら・空・そら | トップページ | サントリー白州蒸留所…② »