« 奇跡の湿原 尾瀬 | トップページ | 北アルプスからの… »

2012年9月 4日 (火)

『プリンセス・トヨトミ』万城目学

はや9月ですね。

この作者は初めて。

44冊目、暑い日だったし、遊びに行くことが続き、はかどりません。まあいいか、本だけが好きなものではないから。

「鹿男・・」などが評判になったが、

映画にもなったこの作品を読んでみた。

登場人物はそれぞれ個性的。

そして

読みやすい。

他の人の評判を見ると

この本の評価はこの作者のほかのものより低いようだ。

まあ、いろいろ意見はあるとは思うけれど、

私は面白く読んだ。

父と息子のつながり

地元密着の話だった。

ということは、他のを読む価値はあるのだ、と思う。

機会があったら、是非、と思った。

建築家・辰野金吾も興味ある。

大阪に行ったら、お勧めの「大大阪モダン建築」を持って歩いてみたい。

・大阪市内に残る戦前の近代建築 約79件を収録した、大阪近代建築ガイドブックの決定  版らしいです。

東京にも作品はある。今話題の東京駅も復元された。

2012年10月1日全面開業という。

日銀本店とか。

|

« 奇跡の湿原 尾瀬 | トップページ | 北アルプスからの… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇跡の湿原 尾瀬 | トップページ | 北アルプスからの… »