« 『カリフォルニア・ガール』T・ジェファーソン・パーカー | トップページ | 母とのおしゃべりは・・・ »

2012年7月22日 (日)

楽しみな誕生日

少し前の話です。

娘のところから帰ってくるとき

私はいつもマゴッチに置手紙をしてくる。

他愛のない手紙。

今日保育園は楽しかったかな。(はい  いいえ)どちらかにまるをしてね。」

以前は,「はい、いいえ、だって、どうすればいいの?」

「どっちかに○するんじゃないかな。」という会話があったそうで…

答えが〇ならどうなのか、ということだが…

「また遊びに来るのでそれまで元気でね。」

のような手紙だ。

夕方帰ってくると

二人ともさびしそうにするらしい。

また普通の日常に戻っていくのだ。

すぐ戻ることができる日程がいいのだ。

こんな会話もあった。

「私の知ってる人に8月1日生まれの人がいるのよ。」と私。

「私しってるぅ。その人!」

「そうなの?なんていう名前の人だったかなあ。」

「あのね、それはわ・た・し!〇ちゃん!」

目を輝かせて、必死に答えて…

楽しい会話がうれしい。

忘れられない、忘れてはいけない誕生日である。

うんうんわかってる。そう思いながら、抱きしめる。

「そうだったね。そのころにまた来るからね。」

約束して・・・

カレンダーを見ると

8月は近い。

|

« 『カリフォルニア・ガール』T・ジェファーソン・パーカー | トップページ | 母とのおしゃべりは・・・ »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『カリフォルニア・ガール』T・ジェファーソン・パーカー | トップページ | 母とのおしゃべりは・・・ »