« 楽しみな誕生日 | トップページ | 雑草の中で »

2012年7月23日 (月)

母とのおしゃべりは・・・

あれ、もう2じだぁ 

母とのお喋りに時を忘れ 

気が付くと2時だった。

 

昔の話などいろいろと。

母が人参嫌いなことなんてツユ知らず、私が結婚したころ知ったことなど。 

子供のころ言われたことって、よく覚えている。

夜寝るときは明日着る服を枕元に置いておきなさい、とか 

箸の使い方とか(これは主に父からだった)。 

いろいろ

 

それが今でも効いていて 

役に立っている、と私。 

服は枕元にはおいていないけど。

しかし、細かいことは次第にはっきりしなくなる。

互いの記憶もあいまいである。

母は一つだけ後悔していることがあるという。

遠くの豆腐屋さんに油揚げを買いに行かせ、

おつりが足りなかったのでまた取りに行かせたこと、だという。

それぐらい、と後からは思ったけど…と。

布団に入ってつらつら思うに

そういうことはほかにも、私の記憶では何度かあって、

うっかり者の私にはそのぐらいのことが必要だったと思う。

しかも、その時のことは忘れている。

泣きながら豆腐屋さんに行ったとか、の記憶も無い

 

私もなにか大事なことを子供に伝えていきたい(かった)、と思う。

 

今までどんなことを子供たちに伝えてきたか、

不安だけど、どうだろうか。 

私のお得意の言葉は「大丈夫よ!」だけど、 

何か残っているだろうか。

今からでも「間違いではない、何か」を伝えていこう。

結構テキトーなことを言っているからなぁ…あは

|

« 楽しみな誕生日 | トップページ | 雑草の中で »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しみな誕生日 | トップページ | 雑草の中で »