« ラズベリーで応援!? | トップページ | テーブルの上の忘れもの »

2012年6月14日 (木)

あやとりでまごのこころも

図書館に行って 

夫に頼まれた本を3冊 

すべて「あやとり」の本 

002a前にみんなで泊まりに行ったときに 

夫は車の後ろでマゴッチと並んで座り、 

母が持ってきてくれた紐で 

「あやとり」をしていた。 

そのあとの話である。

 

「難しいあやとりを見せると、すごくびっくりしてくれるんだ~」

で、新しいのを覚えて、また感動させたい、と言う話である。 

カウンダーで 

「爺が孫に覚えて見せたいんですって。」 

というと、貸し出し係の女性が 

「優しいのですね。」 

そういってくれるあなたこそ優しい!!

さて、これでマゴッチのこころを見事つかめるだろうか。

頑張る姿が浮かぶ。

そして目を見張るマゴッチの顔も。

こんな風に 

子供は 

大人をやる気にさせるのが上手である。

確かに・・・

|

« ラズベリーで応援!? | トップページ | テーブルの上の忘れもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます(*^。^*)
お孫さんとおじいちゃまのあやとり、ほほえましいですね!
我が家にもひとりだけ孫娘がいますが、同じようなお年頃と拝見しました~。
あやとり大好き、ハロウィーンでは魔女の衣装で大喜び、似たような感じでしょう?!

投稿: VIN | 2012年6月15日 (金) 22時45分

VINさん
こんにちは
コメントありがとうございます。
そうですね。
そちらの〇香ちゃんのほうが少し大きいでしょうか。
こちらも〇香と言います。
夕方の部屋での忍び泣き(?)身につまされました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: いち | 2012年6月16日 (土) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラズベリーで応援!? | トップページ | テーブルの上の忘れもの »