« 『平成猿蟹合戦図』 吉田修一  | トップページ | 私の読書日記 »

2012年5月28日 (月)

月曜日は足が痛い。

週末は娘一家が来ていた。

来るときは娘と子供二人で。

大きなバギーを持ち。母は強し。

0266いい気持ちの午後、
近くの公園に散歩に行った。

私も後から見に行った。

軽い気持ちで行ったのだが、これが結構大変で。

飛び跳ねる子供たち二人は

同じ方向には進まない。

031_2脇道があれば必ずと言っていいほど曲がっていくマゴッチ2号

この先もちろん右に曲がりました。

「こっちだよ」などと呼びかけても

そんな呼びかけに答えることは、

本人としては「できない!」

057この道の先はいかに?

探検隊員としては道があれば探り、ひたすら、ヨッチヨッチと進む。

それで抱えて連れて帰ることになる。

そんなこんなの公園散歩

ブランコ、滑り台、シャボン玉・・・

最後にギッコンバッタンのシーソー

そこで私は疲れた。

みんなで乗ってみたのだが、(ダイジョウブ!壊れません)

一番重い私の足にすべての負担がかかる、

これをうっかり忘れていた。

月曜日、朝起きたら足が痛い。

その痛さに楽しかった記憶が重なる。

静かになった部屋で、二人で「かわいかったね」「こんなだったよ」と話した。

(写真は自前のリュックに得意げにおむつを入れて。)

|

« 『平成猿蟹合戦図』 吉田修一  | トップページ | 私の読書日記 »

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

何処も同じね
一人で二人のチビちゃんを見るのは大変な事ですよね。
お疲れ様。

一人はこっち、もう一人はあっち・・と
そっち行かないのよ…分かった・・・と返事はしても全然分かっていない。

ピカチュウのリュクね。

投稿: ちこ | 2012年5月31日 (木) 08時46分

こんにちは
ちこさん
かわいいですよね。孫は。うふふ
今自分で写真見ていたら
下の子が今一番かわいい盛りっていうのかなあ。
上の子ももちろんかわいいけど…ね。
どんな時も楽しく大切に暮らしたいですね。しみじみそう思います。

投稿: いち | 2012年5月31日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『平成猿蟹合戦図』 吉田修一  | トップページ | 私の読書日記 »