« 今日の一枚…丹霞郷 | トップページ | 大石公園からホテルへ③ »

2012年5月 5日 (土)

河口浅間神社…②

さて、4月末から、うろうろ出歩いていた私ですが

本日、家に戻ってきました。

で、やりかけの河口湖に行ったブログの続きです。(富士山  その2
027h029h032hお昼の前に「河口浅間神社」に行きました。

この浅間神社は荒ぶる火山=富士山を鎮めることを目的として865年造営されたと言います。







052h

057h059h074h絶好の好天にも、浅間神社を訪れる人は少なく、
杉の大木の参道にふーんむ、すごいなあと感心しつつ、歩いていきました。049h

樹齢800年ほどらしいです。

今は参道には杉が10本、檜が1本あり、樹高45メートル、幹回り7メートルから、とあります。

062h_2そしてここには7本杉と言われる樹齢1200年の県指定の天然記念物があると聞いてやってきたのです。

本堂の右側にしめ縄を張った杉が林立しています。

参道よりも大きい杉がそれぞれ名前がつけられて並んでいます。

みんなで「わーっ」「すごいねえ」と言いつつ回っていきます。

「社殿の南側にある7本の巨樹で神木としてしめ縄を結わえてある。
7本の杉とも幹は真っすぐに1本に伸び、枝分かれしたものはない。
二柱杉(ふたはしらすぎ)は樹高47・5m、天壌杉(てんじょうすぎ)は根回り30mの大樹である。
樹齢1200年に及ぶ巨木が1ヶ所に現存することは貴重であり昭和33年県指定の天然記念物になっている。」HPより

064h境内地には、ほかにも根回り4メートル余の大木が、杉のほか、檜、ケヤキ、樅、松、栃など100本余あるという。

大きな木が醸し出す、

070h静かな大きな空間の中に

凛として気持ちの良い空気が流れています。

来てよかったと思いました。

077h

北口本宮富士浅間浅間神社の冨士太郎杉

(幹周/8.2m、根回り/21.0m、樹高/30m、樹齢約1000年)
と比較しても大きいのですね。

|

« 今日の一枚…丹霞郷 | トップページ | 大石公園からホテルへ③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の一枚…丹霞郷 | トップページ | 大石公園からホテルへ③ »