« 牧場カメラマン?!⑤ | トップページ | 長野の遅い春は花盛りで…丹霞郷② »

2012年5月 9日 (水)

続きまして長野へ。素桜神社の神代桜①

娘一家が帰った翌日

1日早朝、朝6時前、我々3人で長野に行きました。

道は空いていて、県境のトンネルを超えたら青空になって。

ベランダのホウレンソウを全部摘んで持っていき、夜は今年最後の

ホウレンソウ鍋をしました。

018翌日は長野の素桜神代桜を見に行きました。

エドヒガンザクラ国指定の天然記念物(昭和10年)

樹齢1200年

幹回り11.3メートルで、まれな老木であり、当市内におけるもっとも重要な自然文化財

と長野市教育委員会の看板にあった。026

002さらにもっと古い文部省という立て看板には

神代桜(別名 素桜)
此ノ桜樹 周囲11.3メートル也
上15メートルヨリ3大主幹ニ別レ東西約30メートル南北36メートル余ニ及ブ枝翼ヲ張リ開花ノ季節ニハ盛観ヲ呈ス
樹種ハ東彼岸(江戸彼岸)ト云フ

樹齢2千年ニ達センカ本県下他ニ比類ナキ老樹ナリ 文部省」

ものすごい褒め方です。

神代桜と言えば山梨のかと思いきや、こちらにもあったのですね。

そういえばあちらは「山高神代桜」と言いますね。

山梨のも好きで何度も行きました。
あちらも自然の命の凄さを感じさせる木でした。特に岩のような幹には必死さが伝わりました。長いこと友と立ちすくんでいたことを思い出します。

きれいとかいうありふれたものではなく、生きることのすさまじさ、激しさを感じたものです。

こちら信州の山の上の集落は見晴しがいいです。晴れていれば北アルプスが見えます。

山道を登っていくと大きな桜が見えてきます。

008_2この辺でぽつりと雨が降ってきて、
残念ながら肝心な桜の景色の部分が雨粒で隠れて。

想像してくだされ。

山梨と同じ名前なので比べてしまいそうですが、始めは長野のは「なんちゃって」かとまで思ってしまいました。知らぬこととはいえ、すみません。

山梨のは有名で、大賑わいで観光バスもたくさん来ますが

029032こちらは山道を登っていくところで、

小さな神社の境内にでんと座っています。
むしろ桜の木の中に神社もあるという風でした。

周りはリンゴ畑で見晴もよく、信州の風情がいっぱいです。

駐車場もなく、観光バスの入る余地はありません。


駐車場と言えば、我々がどこに停めようかと、考えていたら、
人があらわれて

「ここには止める予定があるので。」
それはいいのですけど、
「警察にも言ってありますから」てなことを言われ、
それはNHKの中継の用意の車でした。
044仕事熱心な方たちです。

下のほうに停めて歩いて行きましたが、後で振り返って思うに
一言も「すみません」とかの言葉がなかったね、
その晩テレビの生中継信州版で放送していました。

まあいいですけど。




地元の方が「天然記念物ですから、我々が守っていかないと…」のようなことをお話していらっしゃいました。

感謝いたします。

中継のその頃には普通に雨でした。038

この白いのはリンゴでしょうか。015

リンゴの木の花はまだつぼみでしたが。梅かな。

013_3005そのあと、
善光寺にご挨拶に行きました。
064_2

昨日実家で妹に会ったとき

「最近のブログ手抜きじゃない?」と言われましたが、
遊びに忙しく
写真の整理が間に合わないためと思われます。

(②へ続く)

|

« 牧場カメラマン?!⑤ | トップページ | 長野の遅い春は花盛りで…丹霞郷② »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牧場カメラマン?!⑤ | トップページ | 長野の遅い春は花盛りで…丹霞郷② »